DanceDanceRevolution A20

EXTRA EXCLUSIVE : 1 (2019/03/20〜)
EXTRA : ORCA / かめりあ

【注】理由もなく大量のコメントアウトを行う荒らしが発生しています。
理由のないコメントアウトは荒らしとみなされます。
コメントアウトの前に必ず理由を付して下さい

レベル詐称逆詐称について(旧曲)

  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称」、その逆の「逆詐称」について記述
    • 個人差」についても取り上げています。
    • 特に顕著なものは太字で表記しています。
  • このページに記載されている内容には、書き手の主観が多分に含まれています。
    詐称、逆詐称、個人差について絶対的な基準は存在しない点に留意してください。

全般

  • 詐称
    • Tohoku EVOLVEDのBAS(Lv9)譜面(X3)
      • SP・DPともBASICにも関わらず最初の急加速同時・中盤のBPM680地帯・最後のランダム同時を踏ませる。このギミック以外の箇所もLv9を明らかに逸脱した配置であり、全体で言うと同じレベルで近いBPMのBlew My Mind(2013)よりノーツが多い。最低でもLv10は欲しく、ギミックを考慮するとLv11とも捉えられる。
    • JOMANDA[BEG(Lv4),BAS(Lv8),DIF(Lv12)](2014)
      • ソフランと停止が激しく、極度のリズム難譜面。SPDP問わず、DIFFICULTまではギミックを考慮していないのではと思わせる難易度設定となっている。特にBEGINNER譜面はLv4にあるまじきかなりのリズム難譜面であり、Lv6相当。それ以外の譜面は表記Lv+1が妥当。
    • The Lonely Streets[DIF(Lv7),EXP(Lv10)](2014)
      • DIFFICULT譜面はLv7にしては8分が多く、裏拍からの縦連などが厄介。[SP-DIF]では8分の同時、[DP-DIF]ではビジステップや交差渡りが見受けられ、SPDP両方ともLv8上位相当。EXPERT譜面では16分3連からの8分同時などが加わり更に難化。特に[DP-EXP]では8分同時渡りや複雑な交差渡り配置など、全体を通じて要求される足運びがLv10の範疇を逸脱している。SPDP両方とも最低でもLv11上位相当であり、[DP-EXP]はBPMの低さと曲の短さを考慮してもなお、Lv12相当と捉えられる余地がある。
    • Eternal SummerのBAS(Lv6)譜面(A)
      • 最大5連にも及ぶ8分縦連が異常。その他にもSPでは回転配置、DPでは交互難配置と、Lv6を逸脱した配置が登場する。
  • 逆詐称
    • はなまるぴっぴはよいこだけ SP譜面全般(2014)
      • BASIC以上の譜面に関して、表記Lvに相応しい配置はほとんど無いと言っていい。ノート数も少なめであり、BASIC譜面以上のSPに関しては表記Lv-1が妥当。
    • AフォルダのBASIC譜面全般(A)
      • SPDP問わずBASIC譜面の難易度の多く(特にLv6~8の低難易度帯)が逆詐称であったが、A20稼働時に多くが修正された。
    • Aフォルダの多くのLv10 SP DIFFICULT譜面(A)
      • 今作(特に2017/12/28配信分迄)のLv10のDIFFICLT譜面は長めの滝がある訳でもなく、足運びも局所的に難所はあっても全体的にレベル相応のものでなく素直なものが多いため実質Lv9上位以下のものが多い。現状放課後ストライド、初音ミクの消失、恋愛観測、ロンロンへ ライライライ!、siberiteを除いては逆詐称と思った方が良い。
  • 個人差
    • SUDDEN+が有用だった譜面全般
      • 金筐体の大型化に伴いモニタとパネル間の適切な距離が広がっているため、プレー中に筐体の決定ボタンを押すのが難しくなった。
      • 特に「FA中にSUDDEN+を設定する」譜面が大幅に難化。白筐体までは「←・→FA」中の設定まではさほど難しくなかったが、金筐体では距離的に「↑FA」までがスムーズに設定変更できる限界と考えられ、「←・→FA」中の設定はかなり難しくなっている。
  • CHAOSの譜面全般(SuperNOVA)
  • Plutoの譜面全般(SuperNOVA2)
  • Pluto The First[CHA以外](X2)
    • いずれも譜面停止が多く存在することから、譜面が動いた瞬間に反応が遅れてMiss判定を頻発することがあるため、ある程度の慣れを必要とする。
    • 特にPlutoPluto The FirstはBPM変化も多く、慣れていなければついていけない可能性が高い。
  • Pluto The FirstのCHA(Lv18)譜面(X2)
    • SP・DP共に先述のCHAOSPlutoと同じく譜面停止やソフランがあることから個人差が大きいが、なんとこの譜面はその中にショックアローが絡んでいる上、それを避けるタイミングもかなりシビア。このショックアローのせいで更に個人差が大きくなっており、EXP譜面よりも先に突破できた人からLv18で唯一未クリアという人までいるほど。
  • SP Lv15最上位譜面
    • 明らかな詐称曲を除けば、紅焔、Cosmic Hurricane、Beautiful Dream、Condor、Straight Oath(以上[SP-CHA])がSPLv15最上位勢か。ノート数600前後でBPM180以上の乱打を踏ませる譜面、局所的にLv16中〜強の乱打が混じる譜面などが多い。
    • 「連続停止・認識難・捻り配置が無い、ノート数600前後までの譜面」がLv15に放り込まれている印象を受けるが、Lv16下位譜面の方が簡単と感じる人も多い。Lv15最上位譜面のLv16昇格・Lv16下位譜面のLv15降格のいずれかが必要となるかもしれない。
  • Elemental CreationのEXP(Lv17)・CHA(Lv18)譜面(2013)
    • SP・DP共に「驚異的なノート数を誇るが、譜面の配置自体は易しい」譜面となっているため、体力さえあれば同難易度の他の譜面に比べて難易度が大幅に落ちる。逆に体力がなければ相当厳しい譜面。
  • 初心者注意!SqueezeのBAS(Lv6)譜面(2013)
    • SP・DP共にLv6という低難易度でありながらソフランと停止が仕込まれており、初見殺しの要素が多い。
  • Royzの曲のSP-CHA譜面(2013)
    • Royzのドラム担当の智也氏が譜面を作成しており、どの曲も同時押しがメインとなっている。Lv15〜16程度の難易度の高い同時押し地帯と、Lv10〜11程度の低難度地帯が混在する両極端な局所難譜面となっていて、接続難易度はどの曲も極めて高い。
  • Aフォルダの演奏時間の長い版権曲(A)
    • 2017年8月9日追加の「脳漿炸裂ガール」を筆頭に、演奏時間が2分20秒前後という非常に演奏時間が長い版権曲が追加されるようになり、結果的にノート数が同難易度帯で1位や2位を占める譜面が複数存在することとなった。全体密度を表すSTREAM自体はそこまで高くないものの純粋に楽曲が長いため、体力面と接続面で注意が必要となる。
    • 該当曲の例:
    • 脳漿炸裂ガール
    • 輪廻転生
    • 初音ミクの消失
  • Wake Me Up [BEG,BAS,DIF](A)
    • 曲の序盤は裏拍からのリズムが多く、[EXP]は裏拍からリズムを刻んでいる。ところが[DIF]以下は序盤の配置が4分のノートで構成されており、リズムに合っていない配置を踏まされることになる。PFC以上を狙うにあたって注意が必要。
  • MAKE A JAM! [SP譜面(BEG以外)](A)
    • それぞれの難易度において、表記Lv+1相応の難所が存在しているが、平易な箇所は表記Lvを大幅に下回っている。局所難傾向の激しい譜面であることに注意が必要。
  • エキサイティング!!も・ちゃ・ちゃ☆[BAS](A)
    • SPDPともレベル相応の難所は無くクリア基準で見れば逆詐称。なのだが変拍子であるが故NOTEで例えたら赤赤赤黄黄黄青青青のように譜面がずれてるかのように錯覚しやすいのでスコア難度はやや高め。
  • Pursuer(A)
    • 曲の大部分が150BPMもしくは75BPMで最後の数小節のみ300BPMに変化するという、ハイスピ設定が非常に悩ましい楽曲。ただ、ハイスピをどのように設定したとしても低速耐性は必須となる。
  • POSSESSION (20th Anniversary Mix)(A)
  • MAX 360(A)
    • いずれの2曲も原曲より尺が伸びており強化された構成になっている。
    • 「POSSESSION (20th Anniversary Mix)」は原曲より更にBPMも上がり持久面での厳しさを増している。微停止ラッシュや長くなった3連符地帯、同地帯でのソフランなどテクニカルな要素も加わり追い打ちをかけている。
    • 「MAX 360」はENDYMIONが保持していた最多ノーツをいずれも更新し、[BEG]でさえ300ノーツ、[SP-BAS]では大台の500ノーツを上回る事態に。SP・DP問わずどの難易度でも「配置は比較的踏みやすいが、物量が異常に多い」譜面となっている。特に[EXP]ではSP・DPどちらも800ノーツを超えているため、高い持久力がないと苦戦するだろう。

SP

BEGINNER

 BEGINNER譜面の難易度数値は全体的に誇張されており、ほとんどの曲はBASIC以上の基準より逆詐称となっている。BEGINNER譜面ができても、同レベル表記のBASIC以上の譜面に挑戦するのは危険である。

  • 詐称
    • Lv1 Lesson by DJ(A)
      • 密度こそLv1の標準を遥かに下回ってはいるものの、4分単位で別の場所を踏む配置が多く、他のLv1のBEGINNER譜面と比較すると明らかに強い。
      • また終盤に4回登場する、歌詞の「DDR」に合わせた「120BPMの8分の↓↓→」Lv6〜7相応の配置であり、Lv1の範疇を大きく逸脱している。
      • 総合的には休憩が多い事を考慮しても少なくともLv3は欲しいところ。曲中のナレーションをよく聞いてその通りに踏むことが大事なその名の通り「Lesson」譜面。
    • Lv2 CHOCOLATE PHILOSOPHY(A)
      • 変拍子曲であるゆえに密度の低い下位譜面では、矢印の色が赤と青と頻繁に入れ替わるためリズムが取りづらい。さらに終盤には2分ではあるものの、左右と上下を交互に踏む同時3連があり、BPMが低いとはいえこのLvでは不相応な配置。Lv3相応。
    • Lv3 High School Love(A)
      • 180BPMという速さで繰り出される終盤の4分縦連がLv3では規格外であり、DDR初心者にはまず対応できないと思われる。Lv4相応。
    • Lv4 New Decade(X2)
      • 物量はレベル相応だが、高BPMなうえほとんど休みない配置が続くためLv4にしては強め。Lv5相当。
    • Lv4 IN BETWEEN(A)
      • 4分縦連が多く、前半はLv4相応。しかし終盤に縦2連が絡んだ長い4分滝が登場する。終盤の滝は配置と長さ共にLv4の範疇では無く、そこだけをもってしてLv5が相応しいと思われる。
    • Lv5 Remain(2014)
      • 分かりづらいソフランであるうえリズム難。またBPM300地帯のラストには4分5連の縦連が出てくる(BPM150の8分5連相当)。通常ゲージだとLv6中位相当でライフ制だとLv7〜8下位ぐらいあるだろう。スコアに関しても、下手なLv6〜Lv8の譜面より出しづらい。
    • Lv6 MAX 300(Super-Max-Me Mix)(SuperNOVA)
      • 2回目のBPM320地帯に入るまでは至ってレベル相応の譜面だが急に譜面の密度が高くなる。縦連(BPM320の4分=BPM160の8分)が増え最大5連踏まされるため挑戦レベルでは追いつかないこともありラス殺しにもなり得る。レベル7相当。
    • Lv7 POSSESSION(X2)
      • 1回目の低速地帯で付点4分、フリーズを踏んでる最中の停止、そこからしばらくして高速地帯で4分で↑↓↑などを踏ませてくる。BPMなどを考慮すれば明らかにLv8中位〜上位クラス。
    • Lv8 Over The “Period”(2014)
      • ほとんど4分配置ではあるが、終始続く加減速ギミックや判定エリアの直前停止など、BEGINNERはおろかこのレベルでは規格外。またBPM420地帯には、90度の同時踏みやラストに4分2連を踏む箇所が存在する(BPM210の8分2連相当)。Lv9相当。
    • Lv9 Valkyrie dimension(X2)
      • BEGINNER譜面最難関候補の1つ。扱い上はBEGINNERだが、低速ゾーンには軸フリーズ、連続停止でもしっかりノーツを踏ませ、その直後の超加速から復帰の1拍後から踏ませ、終盤には折り返しビジステップも出てくるという、BEGINNER譜面の概念を根底から逸脱した譜面であり、10下位クラス。Lv9適正レベル程度では非常に危険で、Lv10をある程度クリアできるくらいの地力が必要となる。
  • 個人差
    • 超高速ボス曲全般
      • 譜面の密度や配置は難易度相応のものが多いが高速なためバランスを崩しやすい。特に危険なのは↓、↑や↑、↓の順や←(または→)、↑に続くステップでバランスを崩した場合最悪転倒もありうる。BPM150〜200前後の曲にHS×2.0をかけているようなものであって譜面の流れの把握と体重移動がある程度できていない初心者には危険。よって、ある程度プレイして高速曲に慣れてから挑んだほうが良い。
      • プレミアムプレー時ならHS×0.75〜0.5を掛けるのも手だが、曲によっては低速地帯が非常にタイミングを取り辛くなる点に注意。
    • Lv3 Samurai Shogun vs. Master Ninja(2014)
      • Lv3という低難易度に関わらず、「BPM260の4分2連」という場違いな配置が何度か登場する。縦連以外はLv2相応であるため、逆に言えばこの数回の縦連(及び基本BPMの高さ)によってLv3に難易度が跳ね上がったと言える。PFCやMFCを目指す際には注意が必要。
    • Lv3 Habibe(Antuh muhleke)(2014)
      • 新曲雑記で記述した通り、矢印が左と右しか出てこないため、思い込みによるMiss判定に注意。
    • Lv4 SILVER☆DREAM(X3)
      • DDRではwill[SP-BEG]以来となる、矢印が←と→しか出現しない極めて珍しい譜面。密度はLv6〜7相当だが、足の動きがないのでプレイ感覚はまるで別のゲームのよう。
    • Lv5 Dance Dance Revolution(EXTREME)
      • BEGINNER譜面では縦連打と同時押しがかなり多い譜面、両者が苦手だと苦戦する。ちなみにEXTREMEでは旧難易度のLv3と現行難易度でも妥当〜強のラインにいるが、SuperNOVAでBPM表記が追加されたため当時のBEGINNER譜面はBPM依存であったせいで旧難易度がLv1と超詐称であった。
    • Lv5 MAX.(period)(2014)
      • 原曲であるMAX 300[SP-BEG]より少しノーツが多いものの密度自体はLv4以下となっている。終盤にBPMが600になるため超高速譜面の見切りが難しいとEXTRA ATTACKでの解禁は厳しいものになる。しかし、本作より実装されたHS×0.5や0.75を用いると見切りが容易になるためHSの設定によっては逆詐称に感じるかも。
    • Lv5 Pluto Relinquish
    • Lv6 Pluto(いずれもSuperNOVA2)
      • 元々の特徴的なBPM変化に加えBEGINNER譜面に関してはどちらも少ノーツなうえリズム難。歯抜け配置も多く、BASIC以上の譜面に慣れている人だとスコアが出しづらいか。
    • Lv7 Reach The Sky, Without you(A)
      • 極端なソフラン・停止曲だが、流石にBEGINNER譜面ではリズムの暗記は不要−−とはいかない。何とソフラン・停止前後のノートのタイミングがBASICとあまり変わらないため、ソフラン・停止を把握しないと接続が極めて困難な譜面となっている。配置自体はLv5相応、リズム暗記難度を考慮して一気にLv7まで跳ね上がったといった按配か。
    • Lv9 osaka EVOLVED -毎度、おおきに!-(X3)
      • 8分配置こそないものの、速度変化が厳しい。バージョンによって曲のパーツを入れ替えている構成のため、バージョンごとの曲の把握が難しい。曲を把握さえ出来れば、レベル7程度か。
    • Lv9 MAX 360(A)
      • 久しぶりに登場したLv9。[BEG]譜面でありながら300ノーツを上回り312ノーツが降ってくる。曲の長さなどもある為に思いの外物量は感じないかもしれないが、BPM360を基本とする速度と散りばめられた配置でスコア面では少し重荷になるかもしれない。

BASIC

  • 詐称
    • Lv3 SUN² SUMMER STEP!(A)
      • 一度だけ登場する「裏拍単発ノートからの、裏拍入りの8分縦2連」がどう考えてもLv3の配置ではない。これだけならば極端な局所難と捉えられないこともないが、Lv3にしてはFAが多いという特徴もあることから、Lv4の局所難譜面という扱いは受けてほしいところ。
    • Lv5 LOVE IS THE POWER -Re:born-(X3)
      • 家庭用2ndMIXのEXTRA TRACKでプレイできた譜面を移植したもの。ひたすら4分配置に同時や8分2連3連が絡む配置で、Lv5で要求されるレベルを逸脱している。BPMが遅めなことを考慮してもLv6最上位〜Lv7下位相当はあるか。
    • Lv6 AFRONOVA PRIMEVAL(5th)
      • 273ノーツの体力譜面。BPM200でありながら90度踏みも出てくる。特にX2以降、BPM180以上のBASIC譜面において90度踏みなどの同時踏みが多数出てくる譜面でLv7がつけられていることが多くこの譜面もその基準に合わせるとLv8はあると思ったほうがいい。
    • Lv6 MAX LOVE(X2)
      • 317ノーツはLv6内最多。それに加え交互難な配置も見られるためLv7相当。体力次第ではそれ以上に感じるかもしれない。
    • Lv6 恋閃繚乱(X3)
      • それなりに詰め込まれた譜面でFAや8分も結構多め。リズムは取りやすいが要体力か。Lv7中位。この曲に限らず、つぎドカ曲BSC譜面はやや癖があるため初見注意。
    • Lv6 Condor(2013)
      • 序盤と終盤に8分5連、フリーズを踏みながらの8分3連が3回あり、その部分だけでもLv6にしては難しい。Lv7弱〜中程度か。
    • Lv6 Chronos (walk with you remix)(A)
      • Lv6にしてはかなり8分3連が多く、特に終盤は8分縦連が頻出することを考えると、Lv7相当。
    • Lv7 Daily Lunch Special(2014)
      • DEAD END[SP-BAS]のように表拍と裏拍の入れ替えが頻繁に起きるうえ裏拍がFAに隠れて初見では目押しで対処しないと難しい。また、一度だけ縦連が出現する。BPMが205と高速であることを考慮してもLv8下位はあると見ていい。
    • Lv7 DEAD END(3rd)
      • 表拍と裏拍の入れ替えが頻繁なうえに8分で↓+←→といった配置も出てくる。終盤は縦連も見られLv7相当ではない。Lv8中位ぐらい。
    • Lv7 Healing Vision〜Angelic mix〜(MAX)
      • 交互に踏みづらい4分やそれに加えてBPM196の高速ビジステップも出てくる。挑戦レベルでビジステップを捌くのはかなり難しく、Lv8相当。
    • Lv7 Magnetic(2013)
      • このレベルにしては珍しく部分的ではあるが16分矢印が登場する。8分3連などもサビで多く見受けられ、ギミックも考慮するとLv7ではレベル相応では少々厳しい。Lv8はあってもよく、スコア難易度ならばさらに上がると思われる。
    • Lv8 PARANOiA KCET ~clean mix~(2nd)
      • 1歩目からいきなり90度踏みが来たり全体的に同時が多め。そのほかにも縦連や8分が連続で来たり下手なLv8の踊譜面よりも厳しいものとなっており、Lv9相当。
    • Lv8 PARANOiA Rebirth(3rd)
      • PARANOiA KCET ~clean mix~[SP-BASIC]と同じように同時が多め。中盤の裏拍や縦連もあるが中でも終盤の8分縦連→8分7連→DYNAMITE RAVE[SP-BASIC]の序盤の4分同時ラッシュと適正レベルのプレーヤーを殺しにかかっている。BPMが190と早いこともあってある程度体力が必要になりLv9と見ておくべき。
    • Lv8 The legend of MAX(EXTREME)
      • BPM333で序盤の4分5連「↑、↑↓、←、↓、←」が危険。その他にも音合わせの付点4分や4分が2連、3連と決まっていないためバランスを崩しやすい。高速耐性の有無で変わってくるもののMAX 300[SP-BASIC]と同等で足9ぐらい。
    • Lv8 IMANOGUILTS(2014)
      • 連続停止、やや長い縦連、表拍と裏拍の入れ替わりなど初見殺しな要素が満載。連続停止のあるGo For The Top[SP-BAS]やPoseidon(kors k mix)[SP-DIF]などと比べてもタイミングが分かりづらい。Lv9上位程度が妥当か。
    • Lv9 PARANOiA Revolution(X3)
      • BPM360の4分の縦連を踏ませる配置が多く、低速地帯が裏拍になっていて踏みづらい。ビジステップやフリーズアロー中の捻りもあり、ノート数も342と相まってLv10強〜Lv11相当。
    • Lv9 tokyoEVOLVED (TYPE1)(X3)
      • 共通部分は停止やリズム難を含みながらもまだLv9相当だが、分岐後にBPM280で交互難の4分15連が3回、後に捻りを含んだ4分49連がありこの部分はLv9を超えた配置である。総合的にはLv10相当か。
    • Lv11 PARANOiA 〜HADES〜(SuperNOVA2)
      • 4分のみだが、前半は同時踏みの絡みがしつこくLv11の範疇を超えている。後半も交互に踏みにくく、全体的にLv12クラス。
    • Lv12 MAX.(period)(2014)
      • BPM300で同時・縦連・ビジを含む交互難4分滝がほぼ休みなく流れ、終盤にはBPM600で同様の滝が降ってくる。適正でBPM600地帯を見切ることは事実上不可能で、対策無しだとここだけで落ちてしまうほど。Lv13相当、高速が苦手であればLv14最下位程度にも感じるか。
  • 逆詐称
    • Lv2 BABY BABY GIMME YOUR LOVE(4th)
      • 現存する[SP-BAS]で最も簡単な譜面。EXTREMEから採用されたBEGINNER譜面と密度がほとんど変わらず、BEGINNERにはこの譜面にはないジャンプをさせる箇所まである。密度的にLv2とは言いがたくBEGINNERと同じLv1が妥当な難易度であろう。BEGINNERが新設されたために扱いに困る譜面になったと言えるかもしれない。
    • Aフォルダは[BAS]の逆詐称譜面が非常に多い。逆詐称の理由は、特にLv7以上において「高BPMでないにもかかわらず8分が存在しない」「厳しい同時配置が見受けられない」「難解なFA絡みの配置が少ない」のいずれかに当てはまっていたが、A20稼働時に多くが修正されている。
    • Lv6 しゃかりきリレーション(A)
    • Lv7 ずっとみつめていて (Ryu☆Remix)(2013)
      • 8分もなければ、90度踏みもない、いたって平坦な譜面。Lv6帯にこれより難しい曲がたくさんある(La Senorita、TEARS[共にSP-BASIC]など)ことから、Lv5最上位〜Lv6底辺あたり。
    • Lv7 Summer fantasy (Darwin remix)(2014)
      • 交互に踏みにくい長めの4分滝があるものの、8分は非常に少なく全体を通じて平易な譜面。Lv6が妥当。
    • Lv7 恋時雨(A)
    • Lv7 Far east nightbird kors k Remix -DDR edit ver-(A)
    • Lv8 Stella Sinistra(2014)
      • 序盤のBPMの変化が読みにくいもののLv8にしては4分しか出てこない。譜面停止後のノーツを踏んでからはBPMが180固定であるのと同時踏みが多少多めであることを考慮してもLv7が妥当と思われる。
    • Lv8 Truare!(2014)
      • BPMが高く同時押しが多いとは言っても、4分しか登場しないことを考慮すれば、上記のStella Sinistra[SP-BAS]と同じくLv7が妥当。
    • Lv8 chaos eater(2014)
      • BPMが210と非常に高いが、最後の付点4分を除けば4分の矢印しか流れてこない。同時押しも対処しづらいものではなく、4分自体も縦2連がやや多めでそこまで踏みづらい配置は見受けられない。4分滝自体は長めなもののLv8と言えるものではないだろう。Lv7中位〜上位が妥当。
    • Lv8 Cytokinesis(A)
      • 初見やソフランが苦手な人は手こずるかもしれないが、同じソフラン曲であるMonkey BusinessやMagnetic(どちらもLv7でMagneticは詐称クラス)に比べれば簡単。Lv7中位相当。
    • Lv11 Arrabbiata(SuperNOVA2)
      • BPM225と高速であるが4分しか登場しない。スライドで十分拾えるのならLv9上位でも通じるぐらいのものだが完全に交互踏みをしようとすると回転などが必要になるうえ休みが少なくそこそこノート数があることから総合的に見るとレベル10が妥当だろう。
  • 個人差
    • Lv5 Freeze(X2)
      • 中盤から終盤にかけてのフリーズアローを含む4分連打が難しい。フリーズアローの処理が苦手であればLv6程度に感じられるかもしれない。
    • Lv5 放課後ストライド(A)
      • BPMが225と速いが終始2分の配置となっているため、BEGINNERのLv4の譜面と大差ないくらい低密度。しかし音にあってない配置が多いため、淡々とひたすらに2分のリズムキープを求められる。そのためスコアは同じLvの譜面に比べて出しづらい。
    • Lv6 BRILLIANT 2U(2nd)
      • 8分は数回来る程度だが、最後の音合わせの8分縦連が意外に曲者。Lv6でもかなり上位に入るだろう。
    • Lv7 New Generation(2013)
      • 付点4分や8分縦連2連が多く見られるだけでなく終盤には8分縦連2連×2から↑↓の同時の8分2連も出てくるためスコア・接続ともLv7の範疇ではない。
    • Lv7 灼熱Beach Side Bunny(2014)
      • このレベルで同時踏みが非常に多く、EXTRA ATTACK挑戦中に体力切れで途中FAILEDになってしまうこともあり得る。
    • Lv7 ラクガキスト(2014)
      • 324ノーツというLv7としては破格の総ノーツ数を誇る。90度踏みは存在しないが4分の多数が交互難なため交互踏みを心がけてる初心者には辛いかもしれない。同時が少ないため体力に自信があると弱く感じられるが、それでも体力に自信がないとLv8に感じるだろう。
    • Lv7 STERLING SILVER (U1 overground mix) (A)
      • 2回目の停止位置が判定エリアの手前のため、EXTRA SAVIORでの解禁段階だとバランスを崩して閉店に陥りやすい。一方で配置は原曲以上に単純になっているため、BPMが10速いといえど通常ゲージだと逆詐称クラスか。
    • Lv8 LEADING CYBER(4th)
      • 終盤まではLv8には及ばない非常に平易な配置が続くが、終盤は延々と4分の回転配置が続くため交互に踏みづらい。極め付けは8分ビジステ折り返し17連という、Lv8ではあまりにも規格外なLv11相当の配置が最後に待ち構えている。平均を取ってLv8としたのだろうが、Lv8挑戦クラスではラストの滝はまず踏むことができない。
    • Lv8 御千手メディテーション(2014) - BASICのLv8帯ではまず見ない「12分」が登場する。出現回数は少ないものの、慣れるまでは難しく感じるだろう。
    • Lv8 嘆きの樹(2014)
    • Lv9 PRANA+REVOLUTIONARY ADDICT (U1 DJ Mix)(2014)
      • 共通点としては要所要所で縦連が使われている。下位のレベルでここまで執拗に縦連を踏ませる譜面は少ないため(一番近いのはRomancing Layer[SP-BAS]辺りか)縦連で踏み逃してMissを連発する人にはクリアおよびスコアで差が出やすい。
    • Lv9 Neutrino(A)
    • Lv9 Cosy Catastrophe(A)
    • Lv9 Love You More(A)
      • どれもEXTRA EXCLUSIVE楽曲。
      • Neutrinoはソフランこそあるものの、配置自体は最後の↑4連符を除けばそこまで厳しくない。ソフランへの対応力があれば、EXTRA EXCLUSIVEでの一発クリアも夢ではない。
      • Cosy Catastropheは基本BPMがNeutrinoよりも高く、他のボス曲のBASIC譜面と遜色ないものになっている。Aから始めた人はリノンアドベンチャーをコツコツ進めて常駐させるのが賢明だろう。
      • Love You Moreは譜面自体はそこまで難しくないが、何度も出てくる2連符と1回目の停止がコンボキラーになりやすいため注意。2回目の停止は1回目より長いが、再始動のタイミングは分かりやすいので落ち着いて構えよう。
    • Lv10 GAIA(2013)
      • 曲が長めなために多めになっているノート数、中盤の減速→連続停止→減速のギミック、終盤の7連続付点8分上下同時押し。これらの要素によってLv10に位置づけられていると考えられる。しかし、終盤の7連続上下同時押しでミスはまりを起こして一気にゲージを削られることを考慮しても、同じレベル帯の中では弱め。「体力によって体感難易度が異なるLv10下位譜面」と考えたほうがいいかもしれない。
    • Lv10 Illegal Function Call(A)
      • 同じレベルのDIFFICULT逆詐称群よりも配置が複雑な上に曲も長く、基本BPMが260と高い。EXTRA解禁段階、あるいはLIFE4だと詐称だが、通常ゲージだとLv10の範囲内か。物量譜面のため、ジャンプしないことを意識してプレイすればクリアしやすい。
    • Lv12 MAX 360(A)
      • 最多ノーツを更に更新したのは伊達ではなくBASIC譜面ながら500ノーツを突破し506ノーツが襲い掛かってくる。基本BPM360ではあるが、半減するBPM180地帯では8分終わりでの同時、BPM360へ戻る直前の16分5連もあり2回目のBPM半減ではBPM720へ加速する手前で上位譜面と同様の12分乱打も配置されているので全く気が抜けない。
      • 密かに配置されている縦連配置もくせ者となる。モード問わず初期から選曲できる難易度となっているが、初見や適正クラスは特に体力面では注意を要する。余談だが12分乱打もある影響かVOLTAGE値も112に達している。

DIFFICULT

  • 詐称
    • Lv6 BRILLIANT 2U(2nd)
      • 8分3連や90度の同時踏み4分3連などが多く絡み、最後には曲に合わせた裏拍から入る8分3連6連もある。Lv6の楽より明らかに1ランク上なので、Lv7が妥当。体力次第では7でも辛いかも知れない。
    • Lv6 Venus(SuperNOVA2)
      • 4分のみであるがBPMが195と速く交互難が多くそこそこの滝の長さもあるためLv7上位。10段階表記ではLv7(現行でLv9〜10)と超逆詐称であったがLv6は流石に下げ過ぎか。
    • Lv7 BRE∀K DOWN!(MAX2)
      • 危険!! 8分は中盤の音合わせに少し出てくる程度だが高BPMで休みなく踏ませてくることからLv7挑戦レベルの体力で踏み切るの難しい。BPMや譜面傾向が似ているTRUE LOVE[SP-DIF]がLv8であることを考慮するとLv9下位ぐらいと見ておくべき。
    • Lv8 AFRONOVA PRIMEVAL(5th)
      • 322ノーツの体力譜面。8分は最大3連までしか出ないもののビジステップが多数出現するうえに同時踏みも多め。原曲(AFRONOVA[SP-DIF])がLv9でこちらが原曲と比べて78もノーツ数が多いことから難易度が矛盾している。Lv9上位〜Lv10はある。
    • Lv8 大見解(EXTREME)
      • BPM143地帯では同時押しから8分を踏ませる配置があり、BPM172地帯の終盤では連続で4分同時押しを踏ませる配置がある。Lv8にしては同時押しの難易度が高く、Lv9相当。
    • Lv8 チカラ(SuperNOVA)
      • 終盤手前までほとんど休みがない上に終始音合わせの8分を踏ませてくる。なかでも中盤の同時ラッシュ(28連)が脅威。DYNAMITE RAVE ("AIR" Special)も半数以上同時踏みがあるがこちらのほうがBPMが35速い上に同時だけでなく8分3連も連続で来るためLv9相当。
    • Lv8 ハピ恋☆らぶりぃタイム!!(A)
      • ビジステップを含んだ8分3連が非常に多く、かつ交互難傾向にある。Lv9相当。
    • Lv9 MIDNIGHT SPECIAL(SuperNOVA)
      • 全体的に踏みづらいうえにサビの裏拍同時地帯はBPMが少し早くなっておりそれによってタイミングがずれてミスを連発すると立て直す術がない。また、裏拍の多さは激譜面以上でサビ前には激譜面と異なり捻らせる配置も存在する。曲が短めなこともあって236ノーツとそれ程多くないがLv10相当。
    • Lv9 Monkey Business(2013)
      • DDR2013最初のEXTRA専用曲ということもあり、コンボを切らせるためのギミックがDIFFICULTにしては多彩。また曲が2分弱と長いこともあり、ノート数が348と非常に多い。ノートの配置自体はLv8〜9下位相応だが、前述のギミック及びノート数を考慮すれば、Lv10が妥当。
    • Lv10 ラクガキスト(2014)
      • 縦連&同時が多めで、BPMの速さも重なってLv10にしては厳しい。Lv11相当。
    • Lv10 夏色DIARY -DDR mix-(2014)
      • 標準的な8分滝中心の譜面と言いたいところだが、389ノートという物量の多さが問題。160BPMと速めであり、裏拍からの8分も多いことが余計に体力を消費させる。Lv11相当。
    • Lv11 TRIP MACHINE PhoeniX(SuperNOVA2)
      • Unreal[SP-DIF]のような8分の同時押し主体譜面。ラストの8分滝も非常に踏みにくい配置となっている。Lv12だとしても人によっては詐称気味の譜面。
    • Lv11 SILVER☆DREAM(X3)
      • 開幕から7連前後の8分や4分同時のラッシュで、BPM192という速さを考えるときつめ。特に2回あるサビでは両方とも8分に縦連やビジステが混ざり、そこでの9連やラストの19連によりノート数の割に体力を削られる配置となっているため適正11だと対策必須。Lv12弱〜中はあると考えた方が良い。
    • Lv11 灼熱Beach Side Bunny(2014)
      • 連続同時踏みからの8分配置が非常に多い。ノート数も400を超え体力譜面の傾向も強く、譜面傾向は若干違えど[SP-DIF]も[DP-DIF]と同じくLv12が妥当。
    • Lv11 Truare!(2014)
      • 12分スキップ・12分地団駄4連・6分縦3連が特徴の譜面。終盤まではLv11でも中程度の配置だが、終盤のラス殺しが特徴的。12分地団駄4連×9→ボックス踏み6分→POSSESSION[SP-DIF]を思わせる6分同時押し12連は、Lv11の領域では無い。ノート数も400弱と多いことも踏まえると、ラス殺しを考慮してLv12下位が妥当。
    • Lv12 Unreal(SuperNova2)
      • 同時押し混じりの8分があまりにも多い。Lv13クラスの難易度であり、その上で同時の得意不得意によってスコアに差が出る。
    • Lv12 SUPER SAMURAI(X)
      • BPM170の16分3連打が8分滝の中に組み込まれていたり、同時踏みを含んだ8分3連打などがいやらしい。Lv13程度か。
    • Lv12 エンドルフィン(2014)
      • 12分の乱打配置が非常に多い。実質的にはBPM240の8分相当の速さとはいえ、三連符主体のLv12楽曲で踏ませられる12分は地団駄が大半であることを考慮すれば、Lv12において12分乱打は規格外の配置と言ってもいい。全体を通じてリズム難であり、総じてLv13下位〜中位相当。
    • Lv12 Love You More(A)
      • 曲に合わせて4分と8分のみが流れるシンプルな構成だが、ビジステップ(特に↑絡み)が頻出するため、苦手な人はゲージが削られ続けて閉店に追い込まれる可能性が高い。また、曲合わせなのをいいことにほぼノンストップで矢印が流れてくるため、体力を削られやすい。停止ギミックがあること、譜面構成と体力面を考えるとLv13が妥当か。
    • Lv13 MAX 300 (Super-Max-Me Mix)(SuperNOVA)
      • 同時踏み混じりの4分滝が特徴的だが、それ以外にもリズム難のFA地帯や、終盤の8分3連混じりの滝が難易度を底上げしている。極めつけは最後の捻り8分11連という、Lv15でも難しい配置。Lv14相当。
    • Lv14 Boss Rush(A)
      • 低速地帯は95BPMの16分による縦連と同時の複合地帯であり、同時踏みも前後とは違う矢印を踏まされることもあって、ある意味では標準的な32分配置を中心とした[SP-EXP]よりも難易度が高い。サビに入ると同時・縦連・スイッチ・16分3連の複合地帯、その後には執拗なアフロ踏みが待ち構えている。その他にも中盤と終盤の16分2連地団駄もLv14にしては厳しい。Lv15相当。
    • Lv15 MAX 360(A)
      • DIFFICULT譜面最多&Lv15最多の680ノーツ、かつSTREAMも123と非常に高い。それでいて360BPMの8分乱打・濁流配置は、Lv15としてはあまりにも酷。他のLv15最上位曲と比較するとやや劣る箇所もあるが、それでもLv16相当の[SP-DIF]最強の一角。
  • 逆詐称
    • Lv7 CURUS(SuperNOVA)
      • 序盤は易しい。中盤の同時2分4連と終盤の大量の長いフリーズアローが挑戦レベルだとやや難しいが、ノート数自体は極端に少なく、個人差は大きいものの総合的にはLv6程度であろう。ただし筐体のメンテナンスが悪く、フリーズアローが切れやすい場合は注意。
    • Lv8 怒れる大きな白い馬(SuperNOVA)
      • BPMが110に落ちるまでは裏拍がメインであるが裏拍ならLv7のTracers(4Beat Remix)[SP-DIF]とほぼ同等であるのと8分も最大3連までしか出ないうえに縦連か←↓←といった2方向のものしか出てこない。終盤に8分3連が連続で来たり縦連で個人差が出るもののLv7中位〜上位ぐらいで収まるだろう。
    • Lv8 ACROSS WORLD(2013)
      • 8分は2連までで歯抜けになっていて踏みにくいと感じるかもしれないが譜面傾向が似ているMAX LOVE[SP-DIF]やBRE∀K DOWN![SP-DIF]と異なりかなりスカスカなのでLv7中位〜上位相当。
    • Lv9 サナ・モレッテ・ネ・エンテ(5th)
      • BPMが90と遅いのと8分がメイン(=BPM180の4分)であり同時踏みが存在しない。ラストの音合わせを考慮してもHSを活用すればLv6程度まで落ちるし等速であってもレベル8下位ぐらいだろう。但し、等速でやる場合十分に譜面認識力がないとGREAT以下を量産することになる点には留意しておきたい。
    • Lv9 Get Back Up!(X3)
      • Let's Get Away[SP-EXP]と譜面傾向は似ているが、こちらの方が密度はより小さい。Lv8中位相当。
    • Lv9 Happy(A)
      • 8分がほとんどなく同時踏みがメインの譜面。同時踏み譜面であるLv8のI Want You To Know[SP-DIF]のような連続ジャンプの必要は無く、体力的には平易な譜面。
      • サビでは片方がFAになっている箇所が頻繁に出てくるため、初心者では初見だと混乱する可能性も高いが、それでもLv9とまでは言えない。
      • 初出のAではLv10というとてつもない過剰評価であり、A20でLv10→9に降格した。しかし下げ幅が足りず、同じくLv9からLv8に降格した[DP-DIF]には同時押しの渡りがありSPより明らかに難しい。
      • クリアだけならLv7上位〜8下位、フルコンボ難易度でもLv8程度の逆詐称譜面。
    • Lv10 Seule(X3)
      • 付点8分が多く、最大4連までの8分があるものの正面を向いたまま交互に踏みやすい形であり、BPMの遅さも相まってLv10に相応しい難しさはない。Lv9下位相当。
    • Lv10 ホメ猫☆センセーション(2014)
      • BPM200及びノート数359という数値だけを見ると難易度相応に思えるかもしれないが、実際は4分が中心の配置で8分の矢印は少なめであり、配置だけを見るならばLv8相応。同じくLv10のStruggle[SP-DIF]と比べても弱く、前述のBPMとノート数を考慮してLv9相応といったところ。
    • Lv11 ZETA〜素数の世界と超越者〜(X2)
      • 最も密度が高い部分でも8分5連や7連程度であり、配置も見やすい。Lv10下位〜中位。
    • Lv11 Straight Oath(2013)
      • BPMこそ速いものの、8分滝は長さ・量ともにLv11にしては少ない。BPMが近い321STARS [SP-EXP]より1ランク下、Your Angel [SP-EXP]と同程度でLv10中〜上位が妥当。
    • Lv11 PUNISHER(2014)
      • 8分は最大6連までで他の8分も正面を向いて踏める。サビ前の付点8分がやや踏みづらく、ノート数が382と多めな点を考慮しても前記の通り殆どが単純な配置で占めるためLv10相当。
    • Lv12 天空の華(2014)
      • ノーツ数は334と同レベル帯の中では少なめなので夏色DIARY -DDR mix-(2014)よりも取っつきやすい。曲を知っているjubeatプレイヤーなら、さらに逆詐称に感じられるかもしれない。ソフランがあることを考慮してもLv11下〜中位程度か。
    • Lv12 ZEPHYRANTHES(A)
      • 音合わせ中心の譜面であり、Lv12相当の難配置は一切無い。足運びも簡単ながら、Lv8相当のFA地帯が休憩地帯となっており、体力的にも422というノート数を感じさせない始末。Lv11最下層相当。
    • Lv13 The legend of MAX(EXTREME)
      • 最後の同時踏みが怖いが、それ以外は基本的な4分と多少のひねりを加えた譜面。停止、減速位置も嫌らしくはなく、高速曲が極端に苦手でなければLv12程度だろう。
    • Lv14 New Century(A)
      • [DIF]譜面に関してはSPDP共にアフロ踏みが絡んでくるが、アフロ踏みのまま渡らせるDPとは違い、SPのアフロ踏みはLv14と呼べるほど苛烈なものではない。[SP-DIF]に関してはLv13が妥当。
    • Lv15 Valkyrie dimension(X2)
      • 難所は連続停止、16分3連×4とラストの地団駄のみで、特に発狂もなくLv15の中では体力の消耗が少ない。単曲ではLv14程度に感じられる。
      • 片割れの[DP-DIF]の方はA20にてLv15→14に降格している。A20の難易度大改訂は基本的には適切であるが、「SPDP両方(逆)詐称評価なのに、片方しか改訂されていない」ものも少なくない。
  • 個人差
    • 超高速ボス曲全般
      • MAXX UNLIMITEDやMAX 300 (Super-Max-Me Mix)等、局所的に凶悪な連続ジャンプや8分発狂があり、接続難度が詐称傾向にある。クリア難度で見てもBPM変化が激しいので個人差が出やすい。
    • Lv8 Bad Apple! feat.nomico(A)
      • Lv8という低難易度帯ながら、序盤と終盤のFA地帯にあるリズムの取りづらい16分配置が厄介。このためスコア難度がやや高め。Lv9の同曲[DP-DIF]も同じ傾向を持つため注意が必要。
    • Lv9 Votum stellarum -forest #25 DDR RMX-(SuperNOVA2)
      • 中盤に16分が絡むフレーズが2小節ある。ここは激譜面(Lv12)と全く同じリズムで踏むためクリア自体なら平均を取ってLv9で妥当なのだが接続難易度で見れば詐称。
    • Lv9 幻想系世界修復少女(2014)
      • 中盤にビジステップが連続して来るのが特徴だが、中でも上ビジステップ4連が脅威。と言うのもLv8以下でBPM190前後の曲に上ビジが連続した譜面が存在しないので慣れていない場合が多く、上ビジの慣れ具合によって体感難易度は変わる。
      • 下ビジステップの連続ならLv8のAFRONOVA PRIMEVAL[SP-DIFFICULT]にあるがこの譜面自体が詐称である点には注意。
    • Lv10 HYENA(2014)
      • 地団駄の量が多く、前半と最後には長い地団駄地帯がある。始点や踏む足を間違えたりタイミングがずれたりすると、スコアが伸びなかったりゲージが削られたりする。ライフ制やEXTRAの時は要注意。
    • Lv11 UNBELIEVABLE (Sparky remix)(X3)
      • 密度的には妥当だが、譜面はアフロ踏みが所々に混じり、やや独特。慣れていないとここでコンボを切りやすい。
    • Lv11 打打打打打打打打打打(A)
      • 序盤から最後まで踏みやすい音合わせの配置が続くが、問題はやはり終盤の打打打地帯。すべて12分地団駄で構成されているが故、1つ間違うとGreat以下の判定を量産する場合がある。比較的新しい曲であり多くの機種に収録されているので、曲を知っていて地団駄が得意で安定しているなら弱く感じられるが、地団駄が苦手だとLv表記より高く感じ、特にスコアに関しては個人差が出やすいだろう。
    • Lv12 MAX 300(MAX)
      • BPM300の8分9連の滝が最序盤に2回も出てくるが、それ以外は道中にこれといった難所は存在せず、4分ですら捻りらしい捻りや縦連はほとんど存在しない。ただしラストの8分17連発狂には要注意。総評として、序盤と終盤の滝の対処ができるならそこ以外は11、人によっては10にすら感じられ、逆に滝を見て12強〜13中に感じる人と反応は様々。BPMもレベルも同じPARANOiA-Respect-[SP-DIF](後述)の、難所とそれ以外がさらに両極化したと思えばいいだろう。
    • Lv12 PARANOiA-Respect-(SuperNOVA)
      • 不意を突く停止や局地的な8分ラッシュなど中盤までは難しいが、最後の停止以降は譜面密度が減り、これといった難所はない。総合するとLv12強めだが繋ぎ難易度は詐称といえよう。MAX 300とはどちらが簡単かの判断が人によって分かれやすく、揃って詐称と捉える考えもある。
    • Lv12 Unreal(SuperNOVA2)
      • BPM180の8分に同時踏みが大量に絡み、裏拍も多い。8分+同時の得意不得意で体感難度が変わる。
    • Lv12 KIMONO♥PRINCESS(X2)
      • 視覚難のFA絡みの8分や逆足入りの回転配置など部分的に難所が目立つ。中でも二回登場するアフロ踏みは、二回真横を向かされる上に滝自体が長めなので、アフロ踏みができないとゲージが大幅に削られることになる。全体としてはLv12上位だがアフロ踏みに慣れてないうちはLv13と感じるか。
    • Lv12 Chinese Snowy Dance(2013)
      • BPM175の高速16分3連が多く出現する。また中盤と終盤の『タタッタタタッタ』のリズムの16分がLv12にしては難しい。配置は素直なので、速さについていけるかで個人差が現れるか。
  • Lv12 out of focus(A)
    • 前半はLv11中位レベルだが、2回目の停止から一気に難易度が上昇する。特にアフロ踏みが絡むところが難しく、Lv12上位〜Lv13最下位レベル。最後の最後に僅かながら回復があり、ノート数が272とLv12にしては少なめなので、総合するとLv12下位に収まるか。
  • Lv13 tokyoEVOLVED (TYPE1)(X3)
    • 他のTYPEとは違い、終盤の280BPMの8分配置が難解。8分は最大7連まであり、最後の8分6連は同時押しで終わる。3TYPEの中では群を抜いており、Lv14に肉薄する強さ。ただし近年の「140BPM前後の16分乱打が散見されるEDM楽曲」が軒並みLv13という評価を受けていることから、BPMが300に満たないこの譜面もまだ辛うじてLv13の範疇に収まっていると言えよう。
  • Lv14 Anti-Matter(X2)
    • 中盤にあるFA絡みの難所やラストの8分3連・5連混じりの連打以外は特に目立って難しい箇所はなく、人によってはLv13程度に感じられる。
  • Lv14 New Decade(X2)
    • 捻り、縦連、低速、リズム難を含む総合譜面。これといった発狂地帯はないが、Lv14の中では全体的に難しめ。
  • Lv14 PARANOiA Revolution(X3)
    • 終盤の8分7連が絡む連続地団駄と、ラストの8分17連の地団駄が14ではかなり難しい配置。地団駄の耐性次第ではLv15相当になりうる。
  • Lv14 Tohoku EVOLVED(X3)
    • ノート数は多いものの、単純なスキップと単踏み4分が中心で、体力的にはLv13相当。ただし、BPM340の8分が点在するほか、道中にはBPM680の地団駄地帯もあるため、高速耐性がないと苦労するかも。
  • Lv14 Elemental Creation(2013)
    • BPM424の4分相当の配置が曲の殆どを占め、ノーツ数が614と多く同曲の他譜面同様相当な体力譜面となっている。配置が素直なため体力の有無や配分の出来によって体感難易度が大幅に変わる。
  • Lv14 MAX.(period)(2014)
    • 300BPM地帯には8分乱打が存在し、600BPM地帯は4分配置こそ抑え目ながらも交互難配置で踏みづらく、最後には逆足入り4分地団駄が待ち受けている。
    • A20でLv13→14に昇格したが、曲の性質的に個人差が非常に分かれやすい。高速乱打に不慣れだったりBPM600が見切れない人も多いと思われ、限りなくLv15に近いLv14と捉えた方がいいかもしれない。
  • Lv15 PARANOiA 〜HADES〜(SuperNOVA2)
    • ノート数の4分の1が同時踏みとなっている(総ノート数457に対し同時踏みが114もある)。[SP-EXP]よりも難しい人もいるだろう。
  • Lv15 Over The “Period”(2014)
    • 終盤にBPM420まで加速するソフランが強烈であり、暗記をしない限りHSはx1.5前後でプレイせざるを得ないため、低速耐性が無いと厳しい譜面。しかし序盤の低速箇所の譜面は平易であり、24分や32分乱打といった見切りづらい要素は一切存在しない。終盤に2回あるBPM210の16分相応の地団駄は厄介だが、それ以外の箇所はLv15中位〜上位程度の配置。不規則停止は存在せず、暗記すべき配置は最後のBPM840から420に急減速する箇所のみ。Lv15でもかなり強めでありギミックを考慮すればLv16でも妥当かも知れないが、比較的対処しやすいギミックであるため、明確に詐称とは言えないだろう。

EXPERT

Lv8〜12

  • 詐称
    • Lv8 ♥Love²シュガ→♥(EXTREME)
      • 序盤に裏拍の同時ラッシュが出てくるがボーカル合わせとは言えリズムが取りづらい。それ以降も裏拍が多めで他はレベル相応の配置であるが挑戦レベルでは序盤で何もできない場合も。Lv9相当。旧表記ではLv7だったことから、新表記のLv8は実質格下げ(新Lv8=旧Lv6)されていることがわかる。
    • Lv8 in love wit you(X2)
      • 要注意!フリーズが多く・FREEZE値が168と非常に高く、フリーズ周りの配置・リズムもかなり難解。フリーズに慣れているかで個人差が出るが、さすがにLv8にしては難しく、Lv10相当。
    • Lv9 STARS☆☆☆ (Re-tuned by HΛL) -DDR EDITION -(SuperNOVA2)
      • SPではEXPERTよりDIFFICULTの方が難易度が高いという稀有な楽曲だが、この[SP-EXP]もLv10の[SP-DIF]とは違った方向に難しさがあり、基本8分の滝だがトリッキーな部分も多く存在する。Lv10が妥当。
    • Lv9 蒼い衝動〜for EXTREME〜(EXTREME)
      • 16分が多様され、タイミングもやや取りづらい。Lv9にしては強く、Lv10程か。
    • Lv9 LOVE♥SHINE(EXTREME)
      • BPMが速く、同時も多いため、Lv9にしてはかなり体力を要する。Lv10相当。
    • Lv9 sync (EXTREME version)(EXTREME)
      • 8分は3連までしかないが、その全てがビジステップあるいはそれを90度回転させたもの。ノート数も300を超えており、Lv10相当。
    • Lv9 Crazy Control(X2)
      • BPMが遅く、16分や3連譜などもあり、リズムが非常に取り辛い。Lv10程度。
    • Lv10 MAKE IT BETTER (So-REAL Mix)(2nd)
      • 縦連打と同時押しが多くBPMがやや遅めなので等速だと見切りにくい。原曲を強化したような譜面であるにも関わらず何故か原曲より2つもレベルが低い。原曲がLv12の逆詐称であることを考えるとこれもLv11相当はあると思われる。
    • Lv10 チカラ(SuperNOVA)
      • 譜面は素直だが、ノート数が多く8分滝も比較的長いため、体力譜面の傾向が強い。BPMが185と速い事を考慮するとLv11が妥当。
    • Lv10 CURUS(SuperNOVA)
      • 終盤の捻り混じりの8分滝はBPMも速いことも考慮するとLv10としてはかなり厳しい。中盤は休憩だが、全体的にはLv11強か。
    • Lv10 月光蝶(SuperNOVA)
      • 速度から見ても、裏打ちからの入りも多くクリアには厄介な譜面。最低Lv11は欲しい。
    • Lv10 MIDNIGHT SPECIAL(SuperNOVA)
      • BPMが早い上に、裏拍も多数登場する。また最後は体力を非常に要し、最後の同時4連打は他に例がない。Lv11は確実にある。
    • Lv10 Your Angel(X2)
      • BPMが175と高めで、ノート数は353とLv10にしては多い。譜面に関しても長めの8分滝が散見され、終盤には捻る形の8分配置が待ち受けている。Lv11が妥当。
    • Lv10 LOVE IS THE POWER -Re:born-(X3)
      • 序盤から16分6連+16分裏の配置があり、中盤にはフリーズを踏みながら、8分で↑↓↓を踏ませる配置もある。終盤にはアフロ踏みを要求される8分滝もあり、BPMが遅いことを考慮してもレベル11中〜上位相当。
    • Lv11 三毛猫ロック(EXTREME)
      • BPMが早く、リズムも非常に難解。他のLv11に比べてクリア・スコアともに難度が高く、クリアはLv12強相当、スコアはそれ以上。
    • Lv11 怒れる大きな白い馬(SuperNOVA)
      • ソフランを始め、交互に踏めない配置も多く、最後にはフリーズ固定の16分ズレの矢印が続く。特にスコア難度が高く、Lv12相当。
    • Lv11 La Bamba(SuperNOVA)
      • 中盤に3回ある3歩目、6歩目が90度踏みの8分6連はとても難しく、挑戦レベルだとここだけでFAILEDしかねない。他にも全体的に同時が絡んだ8分が多い。Lv12クラスか。
    • Lv11 FIRE(SuperNOVA2)
      • BPMが早く、ノート数から考えても体力が必要。終盤になると8分に同時が混ざったり極めつけは12分13連。Lv12相当。
    • Lv11 L'amour et la liberté(Darwin & DJ Silver remix)(SuperNOVA2)
      • 停止に変則、ソフランもあり、クリアだけ見ても踏みづらい配置が多い。Lv12中位相当。
    • Lv11 Music In The Rhythm(SuperNOVA2)
      • 変則・停止など他のLv11に見られないトリッキーな譜面。Lv12相当。
    • Lv11 零 -ZERO -(X)
      • 配置的にも難しくソフランも存在。またBPMも早く、フリーズ部分に考えさせられる部分もある。Lv11にしては難しくLv12が妥当かと思われる。
    • Lv11 I/O(X3)
      • このレベルにしてはノート数がやや多く、付点8分を含んだリズムが取りづらい。全体を通して16分も頻発する。Lv12相当。
    • Lv12 TRIP MACHINE CLIMAX(4th)
      • 180というこのレベル帯では速いBPMで、序盤に縦7連、中盤以降は同時混じりの8分滝を踏まされる。Lv13の同時押し譜面であるstoic (EXTREME version)[SP-EXP]よりもBPMが25も高いことを考慮すると、同時押しの配置が局所的とは言えこの曲もLv13が相当と思われる。
    • Lv12 Find The Way(2013)
      • 序盤の同時踏みの8分ラッシュがかなり強烈で、Lv12挑戦レベルのプレイヤーだとここだけで閉店の危険がある。以降は回復地帯はそれなりにあるものの、16分5連地団駄が何度か入る。Lv13中〜強程度と見た方がよい。
    • Lv12 からふるぱすてる(2013)
      • 全体通しての高BPMに加え、中盤以降からの捻り付きスイッチ、逆足地帯など、Lv12上位〜13クラスの配置が多い全体難。完全交互踏みできるとはいえ、やはり忙しさで難易度が上がる。
      • そして終盤の逆足入り捻り12分はLv16のVANESSA[SP-EXP]を彷彿とさせる配置であり、この局所難を考慮すればLv13中〜強が妥当。当然接続難度はそれ以上。
      • A20でDPはLv13に昇格。詐称具合はDPの方が高いものの、それでもSPは難易度据え置きという判断は微妙なところ。
  • 逆詐称
    • Lv10 Malacca(X)
    • Lv10 TimeHollow(X)
      • EXPERT入門者オススメ!どちらもリズムが比較的分かりやすく、Lv10にしては複雑な配置もあまりない。Lv8〜9相当。
    • Lv11 LOGICAL DASH(SuperNOVA)
      • 中盤の交互難の8分滝や、所々現れる16分2連を考慮してLv11としたのだろうが、全体的に平易な配置が多く、何よりノート数が224と極めて少ない。局所難傾向にあるLv10譜面と捉えるべきだろう。
    • Lv11 BALLAD FOR YOU 〜想いの雨〜(SuperNOVA)
      • 12分で密集された譜面だがBPMは65。HSを掛ければLv8相当まで難易度が落ちるし、等速プレイヤーでもせいぜいLv10相当だろう。
    • Lv11 Shades of Grey(SuperNOVA2)
      • 同方向の4分、同時踏みが中心。終盤に8分9連で〆が↑(FA)→同時からの4分の処理がやや難しいものの、Lv9強〜Lv10程度か。
    • Lv11 Something Special(X3)
      • BPMも遅く、16分も最大3連までしか出てこない。交互に踏めない箇所や、捻り・逆足入りを要求されることもなく、譜面も見やすい。Aメロ・Bメロ・サビでそれぞれ譜面のリズムのパターンが似ているため、催眠状態にならないよう、時々現れる16分2連や3連にさえ気をつければレベル10下位相当。
    • Lv11 Starry HEAVEN(2013)
      • 物量も少なく変速地帯も無く交互に踏めない地帯も少ないため、Lv10としても簡単な方だと思われ、Lv9上位でも違和感は無い。
    • Lv11 Go↓Go↑Girls&Boys!(2014)
      • 曲調と譜面傾向が近く、難易度もLv11で同じはずのWow Wow VENUS[SP-EXP]と比べて、全体的にノーツが少なく明らかに1ランク下。Lv10相当。
    • Lv11 Party Lights (Tommie Sunshine’s Brooklyn Fire Remix)(2014)
      • Lv11と呼べる要素は中盤以降の16分地団駄のみで、道中はLv9〜10弱ほどの素直な配置。地団駄を考慮したとしても総合的に見るとLv10といったところか。
    • Lv11 きゅん×きゅんばっきゅん☆LOVE(A)
      • 左向き固定で踏める単純な8分配置が何度も何度も登場する譜面。ただひたすら単調なだけの譜面であり、400を超えるノート数も難易度の底上げには全く寄与しておらずLv10が妥当。
    • Lv12 MAKE IT BETTER(1st)
      • 初代の曲であり、低速曲だが16分が存在しない。同時が若干ややこしいが等速でも十分見切れるレベルであり、同時が得意ならLv10、苦手でもLv11程度だろう。
    • Lv12 Brazilian Anthem(SuperNOVA)
      • リズム難と捻りが多めで12分同時等の局所難もあるがBPMは130と遅い。似た譜面傾向の[DP-EXP]はLv10であり、SPはDPよりノート数も少ない269。DPが詐称気味であると考えたとしてもこちらもせいぜいLv11程度と考えられる。
    • Lv12 cachaca(SuperNOVA)
      • リズム難で12分の連続ステップもあるがBPMは128と遅く、ノート数も249しかない。Brazilian Anthem同様の問題を抱えており、こちらは[DP-EXP]がLv11でありノート数もSPのほうがわずかに多いがやはりLv12と言うほど難しくもなくLv11が妥当。
    • Lv12 ACROSS WORLD(2013)
      • 4分の部分箇所も多く、8分の譜面も裏拍があるものの難解な箇所は無く、また11にしたとしても今現在のLv11と比べても簡単な部類に位置する。
    • Lv12 ちくわパフェだよ☆CKP(2013)
      • 序盤と終盤の歌詞に合わせた、BPM205の4分同時押し地帯はLv12相当でやや難しめ。ただしこの箇所以外は一部リズムが取りづらい箇所もあるものの、配置だけを見ればLv9〜10程度の平易な8分が大半を占める。同時押し地帯の難しさを考慮したとしても、総合的にはLv11が妥当であろう
    • Lv12 SUPER HERO(2014)
      • 最後が同時押しの8分が散見されるものの、Lv12に匹敵する箇所は皆無。捻らせる配置もそれ程多くなく、そこそこの長さの8分滝を考慮してもLv11程度に収まるだろう。
    • Lv12 チョコレートスマイル(2014)
      • 音合わせ主体、高テンポで忙しめであるが、8分もそれほど多くなくLv12らしい配置も無い。1か所16分が絡むところさえ気を付ければ接続も容易な部類で、クリアだけでもLv11弱に収まる譜面。
  • 個人差
    • Lv10 チカラ(SuperNOVA)
      • 譜面は素直だが、ノート数が多く8分滝も比較的長いため、体力譜面の傾向が強い。体力に自信がないとLv11に感じるだろう。
    • Lv10 You(2013)
      • BPMは遅いものの、FAを起点とした複雑な捻りがあったり、16分の裏打ちから始まるリズムがあったりと、閉店するほどではないにせよかなりのスコア難。クリアだけならLv10妥当だが、ハイスコアやフルコンボを狙うとなると下手なLv12より難しい。
    • Lv11 Holic(4th)
      • 譜面は交互に踏める至ってシンプルなものであるが、曲のリズムが分かりにくく変拍子もあって低いHSでリズムを取りながら踏むタイプの人には辛い。高めのHSをかけて目押しするのが吉か。
    • Lv11 Under the Sky(SuperNOVA)
      • 終盤以外の密度が極端に低く(Lv7程度)、終盤にのみLv12相当の長い8分滝が存在する局所難譜面。体力的には楽だが、挑戦レベルだと終盤の滝だけで落ちかねない。
    • Lv12 DEAD END(3th)
      • 全体的に見て交互に踏みやすい譜面ではあるが、8の字を描くような配置は腰の捻りを強制され、高BPMも相まって意外にも体力を奪われる。消耗した後に来る長い縦連の追い打ちにも注意。
    • Lv12 CAN'T STOP FALLIN' IN LOVE〜SPEED MIX〜(5th)
      • 単純で踏みやすいが、非常に長い8分滝が延々と続く。いくつか登場する縦連にも注意が必要で、体力に自信がなければLv12の中では突出しているかもしれない。また、STREAMが96とこのレベル帯ではかなり高め。
    • Lv12 Ska Ska No.3(SuperNOVA)
      • ラストの8分の同時→単や8分の同時ラッシュが脅威。DROP OUT[SP-EXP]の序盤の同時ラッシュよりも若干速い。ここまでゲージを稼げていないと閉店は免れないだろう。同時耐性で個人差が出るものの挑戦レベルで踏み抜けるのは困難。
    • Lv12 SUNKiSS♥DROP(SuperNOVA2)
      • 終始8分ビジステップが続く上、BPMの速さに加えてNOTE数も多いため体力も必要。正面を向いたままスライドを繰り返すのは相当きついため、横を向いて踏むのが苦手ならRIGHTやLEFTを使用した方が簡単になる。なお旧難度ではLv7(今のLv10相当)だったが、配置自体は非常に単純な為ビジステップが得意ならLv10程度に感じるかもしれない。
    • Lv12 Votum stellarum -forest #25 DDR RMX-(SuperNOVA2)
      • 要所要所で16分3連の乱打が散見されるもののクリア自体ならLv12中〜上位で妥当。しかし16分縦連や16分3連の終わりが同時という配置があるため踊譜面同様接続難易度は突出している。
    • Lv12 Rescue Me(X3)
      • 前述の通りMEMORIESの音合わせになっているため、曲と譜面のリズムが合致しない。譜面そのものはLv12相応だが、曲にノッて踏むタイプの人には非常にやりにくいだろう。
    • Lv12 SigSig(X3)
      • 素直な譜面だが、BPMが早めな上に8分のシメに同時踏みがやってくるパターンが何度もあり、その他にも全体的に体力を要する。体力に自信があればやや逆詐称気味か。
    • Lv12 Wings of an Angel (Fly With Me)(X3)
      • 序盤と終盤はLv11相当の譜面だが、中盤の16分3連+縦連が鬼門。人によってはLv13に感じるかもしれない。
    • Lv12 Bombay Bomb(2013)
      • ノート数は多いが配置は非常に素直で捻りは皆無。最初から最後まで譜面密度がほぼ一定という珍しい譜面で、難所も終盤の16分3連ぐらいしかない。人によってはLv11か。

Lv13〜Lv17

  • 詐称
    • Lv13 チルノのパーフェクトさんすう教室(EDM REMIX)(A)
      • 130BPMの16分乱打が何度も登場し、ノート数が500を超える物量譜面。終盤の縦連混じりの12分地帯も厄介。Lv14相当。
    • Lv14 Samurai Shogun vs. Master Ninja(2014)
      • BPM260の8分の捻り乱打が続く譜面であり、ノート数は572に達する。難易度的にはLv15のPARANOIA survivor[SP-EXP]やChronos[SP-CHA]と同等かそれ以上。Lv15相当。
    • Lv14 恋する☆宇宙戦争っ!!(A)
      • 652ノートは本曲追加時点でLv14最多。さらに捻りや要所に挟まる縦連・同時など配置も決して楽ではなく、BPMも200と速いためかなりの体力を要求される。Lv15下位相当。
    • Lv15 roppongi EVOLVED ver.D(X2)
      • ver.A〜Cに比べ、停止・ソフランが極端に難解。リズムを憶えてしまえば密度自体はver.A〜Cと同程度だが、それでもLv15強はある。全体的にはLv16相当。
    • Lv15 Spanish Snowy Dance(2013)
      • BPM180で8分同時・8分縦連からの16分・NGO[SP-EXP]と同等の速さの12分捻り滝といった難しい配置が続く。中でも中盤の12分のスイッチ地帯はLv16でも見られないかなりの難所でコンボを切りやすいため、EXTRAの突破は厳しいものとなっている。ノート数が596という体力譜面であることも考慮に入れると、総合的にはLv16下位〜中位の譜面。
    • Lv16 Triple Journey -TAG EDITION-(2013)
      • 序盤はLv15程度の局所的に発狂がくる8分中心の譜面だが、サビ部分から厳しい16分絡みが増え、終盤の21連、ラストの33連は明らかにLv16の範疇を逸脱している。
      • 全体的に見切りやすい配置ではあるものの、Lv16挑戦レベルでは後半足が追いつかなくなることは必至。Lv17中位と思って挑んだ方が良い。
      • A20でDPはLv17に昇格。この楽曲に関してはSPの方がより詐称の声が多かったのだが、残念ながらSPは昇格無し。
    • Lv16 POSSESSION (20th Anniversary Mix)(A)
      • 原曲[SP-EXP]ではなくEDP Live Mix[SP-EXP]と同難度。しかしソフラン難度は原曲を超えており、終始停止や加減速に悩まされることになる。
      • 配置自体も序盤からいきなり8分縦ビジステップが登場し、後半のサビは同時混じりの8分、三連符地帯も同様に同時が混じった滝となっており、原曲における該当箇所の配置とどちらが難しいかは個人差。
      • 原曲と比較して明確に簡単になっていると言えるのは、最後の低速明け直前の16分が原曲では地団駄滝だったものが、この譜面では連続16分3連と細切れになっていることくらい。
      • 難易度を比較するならばEDP Live Mixではなく原曲が妥当であり、原曲と同様にLv17下位相当。
  • 逆詐称
    • Lv13 Mind Parasite(SuperNOVA)
      • 前半〜中盤は易しい。終盤に16分2連地帯があるが、ほとんどが音合わせかつ交互踏み可で配置も素直なので、見た目ほど難しくはない。同じくLv13のCaptivAte〜誓い〜[SP-EXP]よりBPMも遅く、明らかに1ランク下なのでLv12が妥当。
    • Lv13 Summer fantasy (Darwin remix)(2014)
      • 同時押しが混じった8分や、中盤のスイッチ前提の8分滝が難しいが、まだLv13相応と言える配置では無い。Lv12相応。
    • Lv13 漆黒のスペシャルプリンセスサンデー(2014)
      • Lv12でBPMが同じCG Project[SP-EXP]と比べると、ノート数は多いものの曲が長いため密度は低く、捻りや交互難もさほど難しくない。総合的にはほぼ同じ難易度で、Lv12が妥当。
    • Lv13 パ→ピ→プ→Yeah!(2014)
      • イントロやアウトロの8分滝は素直で、難化部分はサビ以降のシンコペーションや同時部分と、局所で難しい配置が多いが回復は容易でクリア難度は低い。Lv12相応。
    • Lv13 宇宙(ソラ)への片道切符(A)
      • 16分地団駄や、16分3連が絡む8分滝を見ればLv13下位でギリギリ妥当、と言いたいところだが、曲が短くノート数が300台前半しかない所がネック。Lv12相応。
    • Lv14 Poseidon(kors k mix)(X2)
      • 16分3連や同時混じりの8分が散見されるが、全体を通して密度の低いリズム合わせの平易な配置が多い。散った配置の16分を踏めるかどうかがポイントだが、それでもLv13が妥当。
    • Lv14 Shiny World(X2)
      • テンポが非常に遅く、密度がそれに対して高いため、等速プレイヤーにとっては厳しいが、ハイスピードをかけているプレイヤーには楽に感じる。譜面自体は逆詐称。
    • Lv14 Empathetic(2013)
      • 16分3連や5連は散発的な配置であり、16分以外の箇所は密度が薄く踏みやすい配置となっている。BPMが180と速いことを考慮しても、Lv13中〜強程度の譜面と思われる。
    • Lv14 Adularia(2014)
      • 8分は特段忙しい配置ではなく、所々ある16分もBPMが180と高めとは言えまだLv13の範疇。中盤の16分7連はLv14〜15相応の配置だが、局所的にLv14〜15の難所が混じるLv13は多々ある。局所難のLv13強譜面と見るのが適切か。
    • Lv14 FUNKY SUMMER BEACH(2014)
      • 16分3連×4の配置が難所ではあるが、全体的には交互踏みが可能な大人しい譜面。BPMとノート数も格別高い数値ではなく、Lv13が妥当。
    • Lv14 Sakura Mirage(2014)
      • 同時押しや縦連で難易度を上げている面もあるものの、基本的には8分捻り滝が中心の譜面。体力譜面だが技術的にはLv14と言える要素は無く、Lv13が妥当。
    • Lv14 ありふれたせかいせいふく(A)
      • 16分5連地団駄が多く割と忙しい譜面ではあるが、譜面はほぼ交互に踏めて難解な捻りなどもなく踏める。最近の曲にしては曲の長さも控えめで体力的にも優しい。頻繁にある上下の5連地団駄の得手不得手にもよるが、同BPMのV[SP-CHA]と同程度で、Lv13強といったところか。
    • Lv14 黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜(A)
      • ノート数こそMAX 300[SP-EXP]を超えるが、曲自体が2分程あるので密度は相対的に薄い。全体を通して8分踏みがメインでそこに16分3連がちょくちょく入るような譜面で、同時踏みも僅かなので挑戦レベルなら回復地帯も多く、Lv14としては逆詐称気味か。
    • Lv15 Cleopatrysm(2014)
      • 16分は最大で5連までしかなく、しかもそのほとんどが単純な地団駄。8分滝は交互難であり、バラけた16分3連も見受けられ踏みづらい面もあるものの、全体的にLv15にしては易しい配置。Lv14中〜上位が相当。
    • Lv15 starmine(2014)
      • 同時押しが混じる8分滝、リズム合わせの16分2連や3連地団駄で難易度を上げている、典型的なLv14譜面。Lv15は逆詐称。
    • Lv15 ナイト・オブ・ナイツ(A)
      • 序盤にリズム難の16分があるが、他に15らしい難所はない。曲が長くBPMが近く体力譜面の傾向が強い不沈艦CANDY[SP-EXP]がクリアできるならこちらも十分クリアを狙えるだろう。物量を考慮してもLv14が妥当か。
    • Lv16 冥(X2)
      • BPMが200と高く、かつノート数こそ616と多いものの、ノートの大半は平易な8分滝に16分3連が混じる程度。局所的にLv16相応の16分地団駄滝が混じり、ソフランによりスコアを取りづらい部分はあるものの、Lv15最上位勢よりは1ランク下。Lv16弱勢によく見られる連続停止や認識難といったギミックも無いため、Lv15強の扱いが妥当であろう。
    • Lv16 Life is beautiful(A)
      • [DP-EXP]の方は捻りと振り回しがてんこ盛りの譜面だが、SPはラスト以外難しい配置はなくほぼ正面で踏むことができ休憩地帯もある。同BPMで同時が多いLv15のSUPER SUMMER SALE[SP-EXP]の方が難しいと感じる人もいるだろう。Lv15相当。
    • Lv17 ΔMAX(X2)
      • 序盤の16分視覚難地帯が難しく、FAが見切れないと瞬殺される可能性もある。リズムを覚えるまではLv17でも屈指の難度に感じるが、そこを突破すれば中盤以降は比較的楽なので、前半勝負譜面といえる。「リズム暗記難度は極めて高いが、配置自体は易しめ」という意味ではLv16のCHAOS[SP-CHA]やPluto[SP-CHA]と近いため、Lv16の個人差譜面と捉えるのが妥当であろう。ただし捻りが苦手でスライドで処理してしまいがちな人、他機種からの移行組で5倍以上もの変速に耐性がない人には終盤の捻り交じりの滝がかなり凶悪になる。
  • 個人差
    • Lv13 bag(EXTREME)
      • BPM65で24分を基調とした譜面。HS1.5以上をかければLv13でも違和感ないが、等速ならその見難さから明らかにLv13ではない。XのDANCE DRILLではMAX300[SP-EXP]とこの曲を同じHS設定でプレイせねばならなかった。X2以降は曲開始時にHSを変えられるので、ランダムで引き当てたとしても以前のような脅威はなくなった。
    • Lv13 On The Break(X)
      • 16分が多く、同時踏みも至る所で見られる。特に終盤の捻り混じりの16分が難しく、16分が苦手だとLv14にも感じられる。ノート数はそこまで多くないので16分が得意なら妥当。
    • Lv13 桜(EXTREME)
      • BPMが300(終盤は320)と非常に速い上、ソフランが激しい。同時押しが頻繁に入るため、人によってはLv14に感じるか。
    • Lv13 ビューティフル レシート(X3)
      • BPMが速く、16分5連の地団駄が何度か来る。Lv13までに似たようなBPMの地団駄はあまり見られないので、慣れていないと地団駄で激しく体力とゲージを消耗する。譜面自体は音合わせが多く、長い滝や捻りもないので速さに慣れてしまえば妥当〜やや逆詐称。
    • Lv13 printemps(2013)
      • ノート数は少なめだが、前半と後半に16分5連の地団駄が連続で来る他、16分3連や7連も時折入ってくる。Gradiusic Cyber激の最難部分が繰り返し来ると考えると、Lv13にしては強め。地団駄が得意なら13弱、苦手なら14中レベルに感じられる。
    • Lv13 創世ノート(2013)
      • BPM200の速さで捻りながらの縦連や、取りづらい6分、後半の認識難の8分滝等、Lv13挑戦レベルでは厳しい配置が多め。詐称寄りとはいえスライドで誤魔化せる範囲であり、交互も出来なくは無いので譜面認識によって難易度が上下しやすい。
    • Lv13 ラクガキスト(2014)
      • 562ノーツというLv13としては破格の総ノーツ数を誇るが、16分は全くなく、純粋に持久力が問われる。ほとんど休みのない全体難譜面であるため、体力譜面が苦手、もしくは体力配分がうまくできない人は要注意。
    • Lv13 地方創生☆チクワクティクス(2014)
      • 最近の楽曲にしてはノート数が少なく、配置も捻りが無い8分滝が延々続く程度。しかし中盤の12分25連乱打がLv14相応の配置。Lv14の楽曲をある程度踏める実力が無いとフルコンボは厳しい。
    • Lv13 チルノのパーフェクトさんすう教室(A)
      • 「バーカバーカ」にあわせて8分6連のアフロ踏みをひたすら踏ませる地帯が2箇所存在する譜面。該当する箇所以外は同時交じりの縦連を除いてLv11程度の配置しかないため、アフロ踏みをうまく処理できるかどうかで個人差が出ると思われる。
    • Lv13 ALGORITHM(A)
      • BPMは130と遅めなものの、最大16連に及ぶ16分乱打や乱打の前後に入る連続同時踏みなど、Lv13では強めの配置が点在する。また、メインとなる16分2連には捻りや8分のアフロ踏みが混ざっており、こちらもLv13挑戦クラスにはやや踏みづらい配置。他のLv13詐称クラスのEDM楽曲たちには劣るものの、この楽曲も詐称寄りであり、16分処理の耐性によって妥当か詐称か分かれるといったところか。
    • Lv14 Sakura Sunrise(X2)
      • 終盤の同時踏み混じりの8分5連×3を除けば若干譜面に癖はあれど、ライフ制でなければ人によってはLv13かと思われる。
    • Lv14 NEPHILIM DELTA(X3)
      • DDR2013にてLv14に降格はしたものの、Lv14では最強クラスの物量譜面。しかしこの曲とLv15弱譜面とでは難易度に大きな差があり、仮にLv15に残存していたとすれば最弱〜逆詐称クラスの譜面となってしまう。Lv14とLv15の境界線上に位置する、極めて個人差の大きな譜面と言えるだろう。
    • Lv14 PUNISHER(2014)
      • BPM180での16分2連のスキップが忙しい上に、ノート数が500を超える譜面。一方で8分の配置はLv14はおろかLv13でも易しめと言える配置。逆詐称気味ではあるが、BPMが180ということを考慮すると、Lv14でもギリギリ許容範囲内か。
    • Lv14 セツナトリップ(2014)
      • ノート数が500を超えるリズム難譜面。曲名に合わせたのか、TRIP MACHINE PhoeniX[SP-EXP]のラストを思わせるような連続16分ビジステがかなりの難所。Lv15にも捉えられなくもないが、Lv15の恋閃繚乱[SP-CHA]やLv14だが詐称のSecond Heaven[SP-CHA]のような乱打地帯はなく、これらよりは1ランク下。まだLv14の範囲内の譜面か。
    • Lv14 阿波おどり -Awaodori-やっぱり踊りはやめられない(2014)
      • スキップがメインではあるが、3連符で構成されておりノートのリズムの判断が付きづらく速度変化も急であるためクリアはともかくスコア面・接続面の両方で困難を極める。
    • Lv14 Plan 8(2014)
      • 212という高BPMの8分滝がメインだが、配置自体はLv12〜13クラス。速さに体力が付いていけるかどうかで体感難易度が変わる。
    • Lv14 VEGA(2014)
      • BPM191と似たような傾向であるZETA〜素数の世界と超越者〜[SP-EXP]よりも速く、ノート数も605、STREAM値も100とLv14の中では突出している。配置自体はそれほど難しいわけではないが、16分が比較的多くまともな休憩箇所もない。ZETAがラストの局所難であるのと対照的にこちらは全体難となっているが、体力譜面であることに変わりはなく、ほぼ同じような難易度と言えるだろう。Lv14上位であるが体力配分が難しいとLv15下位レベルに感じるか。
    • Lv14 突撃!ガラスのニーソ姫!(2014)
      • 中盤のEngraved Mark[SP-EXP]のような地団駄や終盤のPOSSESSION[SP-EXP/CHA]の同時踏みラッシュを短くしたようなものなど、Lv14を逸脱している箇所が点在している。そこ以外はLv13上位〜14下位相当の配置だが、密度はそこそこあるため先述の難所で消耗しすぎていると回復しにくい。総じてLv14上位相当で、地団駄などの難所の耐性によってはLv15に感じても不思議ではない譜面。
    • Lv14 ようこそジャパリパークへ(A)
      • いわゆる「ウッホホ地帯」の配置が裏拍からの連続16分3連であり、←↑←の後に→↑→のような配置を繰り返すだけあって、非常に踏みづらくかつ癖が付きやすい。さらにこの配置があるのはウッホホ地帯だけかと思いきや、そことは無関係の箇所でも普通に登場するため余計に性質が悪い。スコア面・接続面ともに個人差が激しいと思われる。A20稼働時にLv13からLv14に昇格した。
    • Lv14 Chronos (walk with you remix)(A)
      • 全体的に16分配置が多めなのだが、最後の16分地団駄滝がLv15でも稀有な配置であり、あまりにもラス殺し過ぎる。生半可な実力では、LIFE4でのプレーだと最後の最後で閉店という事態に陥ってしまうだろう。
    • Lv15 Unreal(SuperNOVA2)
      • 同曲[SP-DIF]同様、同時踏みが非常に多い。同時踏みの多くが縦連の形で出現するため、これらの得意不得意で個人差が大きく現れる。これに限らず、SuperNOVA2のボス曲は難易度を問わず同時踏みが厳しい譜面が多いため、ジャンプの苦手な人は要注意。
    • Lv15 Horatio(X)
      • ノートの大半が地団駄なため、地団駄が得意ならばLv12挑戦クラスでもクリアは可能。しかし地団駄が非常に多いため僅かなズレがGreatやGood量産に繋がってしまい、スコア難度と接続難度は個人差があるがLv15でもトップクラス。
    • Lv15 KIMONO♥PRINCESS(X2)
      • ボス曲らしく、密度的にも体力的にもかなり癖が強い譜面。発狂地帯もLv15ではあまり見られないパターンで、人によってはLv16程度に感じられる。
    • Lv15 ZETA〜素数の世界と超越者〜(X2)
      • 前半から中盤にかけてはややリズムが取りにくい程度で、Lv14弱〜中程度の強さしかない。しかし終盤の発狂は局所的ながらLv16相応の配置。逆詐称の意見もあるが、BPMが180と高い上にノート数が613と極めて多いため、Lv15入門(最弱)としての位置付けが妥当であるとの意見もまた多い。
    • Lv15 CRAZY♥LOVE(X3)
      • 全体的に踏みづらい配置が多く体力を消耗するが、発狂地帯は少なめ。JUMPやスライドが得意ならばLv14上位程度で、苦手ならLv16にも感じられる。平均を取ってLv15相応か。
    • Lv15 STULTI(2013)
      • 停止のタイミングは音合わせなので覚えやすいが、細かい地団駄と同時のセットでリズムを崩しやすく、スコア難易度はかなり高め。
    • Lv15 Air Heroes(2013)
      • 16分乱打があるが全て素直な配置で踏みやすく、それ以外はLv13程度のスイッチ8分とLv15にしては極めて簡単な配置。Lv16以上をクリアできるような人なら逆詐称に感じるかもしれないが、そもそもBPM175の16分乱打自体がLv15挑戦クラスには厳しく、Lv14挑戦クラスではまず踏めない。高速乱打を踏めるかどうかで難易度認識が大きく変わる譜面。
    • Lv15 Magnetic(2013)
      • リズム難ではあるが、全般に渡って交互踏みが可能で、中盤までは16分は地団駄に留まるため踏みやすい配置となっている。またソフランの開始タイミングも譜面を見れば容易に分かるものとなっている。終盤はFAと16分の階段配置が出現し難化するが、ノート数の多いリズム難譜面ということで個人差が分かれやすいことを考慮しても、人によっては14でいいと感じる事も。
    • Lv15 Windy Fairy(2013)
      • 終盤まではLv14クラスだが、終盤の休憩明けからLv15弱相応の配置となり、最後に12分スイッチ滝というLv16ほどの配置が待ち構える。逆詐称気味ではあるが、似たような譜面構成のZETA〜素数の世界と超越者〜[SP-EXP]と同様に、Lv15最弱の位置付けが妥当ではないかという声もある。
    • Lv15 Engraved Mark(2014)
      • A2OでLv16から降格。縦連や長めの地団駄が要所で出現する。地団駄が苦手ならA以前のLv16でも妥当に感じられるが、平均的にはLv15中〜上位相当。
    • Lv15 Stella Sinistra(2014)
      • 12分主体のリズム難譜面だが、実質的に同等の速さのLv15弱のPARANOIA survivor[SP-EXP]よりも個々の滝が短めであるため、Lv14強〜15最弱クラス。むしろ問題点は、SPと同等もしくはそれ以上の難しさの[DP-EXP]の難易度がLv14と、SPとDPで難易度の整合性が取れていないことだろう。
    • Lv15 JOMANDA(2014)
      • DIFFICULTまでとは違い、ソフランと停止の激しさを考慮したとしても序盤がLv12〜13程度の難易度しかなく、SPDP共に総合的に見ればLv15で妥当。とは言え極度のリズム難譜面であるため、スコア難度はLv15の範疇ではない。
    • Lv15 Remain(2014)
      • 配置自体は一部スライドが必要な箇所と後半に捻りが含まれるもののそれ以外は踏みやすくノーツも少ないため15妥当。問題はソフランによる認識難で低速、高速共に含みハイスピの設定がし辛いためソフランに対応できるかでLv15か16か分かれる。特に前半の低速に対応できないとその後が辛いだろう。
    • Lv15 エンドルフィン(2014)
      • 終始12分と16分が混在したリズム難配置を踏まされる、休憩地帯が無い体力譜面。また中盤と終盤の16分地団駄がかなりの難所。特に終盤の16分は捻りを伴った16分地団駄29連であり、最終的には↑を右足・→を左足で踏ませるNGO[SP-EXP]の強化版とも言える配置となるため、Lv15適正クラスではまず対処できない。下記で言及するTrue Blueよりは強いと思われ、True BlueがLv16妥当というのならば、エンドルフィンもLv16が妥当。そうでないのならば、局所難のLv15譜面という評価に収まる。
    • Lv15 Sand Blow(2014)
      • 上下パネルを軸にした片足拘束の16分3連地帯、アフロ踏みを伴う連続16分ビジステップなど、序盤の配置が非常に難しく、ここだけを見るならばLv16相当。ただし中盤の配置がLv9〜10程度しかなく、終盤の配置も序盤に比べると大幅に簡単になっている。平均を取ればLv15で妥当だが、EXTRA STAGEでの突破はLv16の譜面をLIFE4で安定して突破できる実力が必要か。
    • Lv15 Starlight Fantasia (Endorphins Mix)(2014)
      • 基本BPMは155とこのレベル帯では遅いものの、急加速や直前停止、更にはエンドルフィン[SP-EXP]にあるような捻り地団駄も含む。総合的な物量も多く、Lv16にも匹敵するかもしれないが、譜面の慣れ次第ではBRILLIANT 2U (AKBK MIX)[SP-EXP](削除済み)等と同評価で、体力面では強かれど、明確に詐称というには難しいか。
    • Lv15 DDR MEGAMIX(A)
      • 譜面構成は基本的に構成曲の元譜面の引用なのでLv15の要素は最後のThe legend of MAX地帯のみ。曲が2分30秒超と非常に長いことと、The legend of MAXにBPMを合わせると他の曲の譜面が読みにくくなる(特にbag地帯)点には注意。元の曲をどれだけ踏みこなしているかで体感難易度が左右されると言える。
    • Lv15 Sakura Reflection(A)
      • Sakuraシリーズの[SP-EXP]の特徴である、8分縦連・8分同時・短めの16分乱打が混じる8分滝は健在。ただし前半部分はLv14相応で、特に停止明け直後は大幅に難度が下がる。ただ後半から尻上がりに伸びていく譜面であり、最後はLv15でも比較的強めな配置が待ち受けている。全体的に見るとLv15相応なのは後半だけで、ZETA〜素数の世界と超越者〜[SP-EXP]などの15入門に近い位置付けが妥当と思われる。
    • Lv16 MAXX UNLIMITED(MAX2)
      • リズムが取りづらく、フリーズアロー絡みの視覚難も相まって、リズムを覚えるまでは難易度が高い。しかし配置自体は捻りが少なくLv15相応であり、X3で追加されたLv15強〜16中の譜面と比べると、この曲自体の立ち位置が微妙なものとなっている。
    • Lv16 PARANOiA-Respect-(SuperNOVA)
      • 急停止や終盤のFA混合8分は脅威。他のLv16と比較すると捻りやフリーズ混じりが多いが、BPMを考慮するとごまかしが利くレベル。そこが踏めるかどうかが15と16の分かれ目。
    • Lv16 Trim(SuperNOVA2)
      • 340BPM地帯は乱打、交互、ジャンプ、縦連が複雑に絡み合っており、一度ミスを出すと立て直しが非常に困難。基本的にLv16で妥当だが、慣れない内はLv17以上にも感じられる。これに限らずLv16は個人差の出やすい譜面が多いので注意。
    • Lv16 PARANOiA 〜HADES〜(SuperNOVA2)
      • Lv15からLv16への昇格以前から、Lv15に昇格した同曲の[SP-DIF]譜面とどちらが難しいかは個人差があると言われていた。序盤に踏みづらい8分捻りがあり、終盤の逆足入り8分捻りが難関だが、この難関を考慮してもLv16クラスと言い切れるかが微妙なライン。
    • Lv16 tokyoEVOLVED(X3)
      • 捻りがなくBPMも280と遅いが、リズム難であり、停止が不規則。リズムの暗記を考慮してLv16と感じるか、考慮してもLv15強と感じるかどうかで評価が分かれる。
    • Lv16 New York EVOLVED(X3)
      • 序盤のフリーズの視覚難、分岐後も捻り16分などがあり慣れていないと厄介。個人差次第だが、3バージョンの中ではAが終盤の高速ゆえにハイスピがかけづらく、分岐後に休憩もないため、BやCより少々難しいか。
    • Lv16 お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。(2013)
      • 物量はLv16最多を誇るが、発狂らしいものが無く配置そのものは素直。物量と高BPMが苦手なら妥当、どちらも得意ならばLv15クラス。
    • Lv16 †渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†(2013)
      • この難易度では珍しい高BPMでありながらの16分滝が複数回あり、Lv16でも上位の配置。しかし縦連からの同時といった踏みづらい配置もあるとは言え、道中の多くがLv14前後の簡単な配置であるため、クリア難度だけで言うならばLv15でもそこまで難しくはない。クリア難度を基準とするならLv15、局所難を重視するならLv16と、何を基準とするかによって難易度の感じ方に個人差が分かれる。A20稼働時にLv15→Lv16に昇格した。
    • Lv16 海神(2014)
      • ラストの「上下FA中の16分左右2連」というスイッチ前提の配置に目が行きがちだが、慣れればそこまでの難所というわけでもない。Lv16相当の配置は前述のコンボカッターを除けば、序盤と終盤にある、NOTEだと黄色となる矢印の縦連が絡んだリズム難箇所のみ。これら以外の配置はBPMを考慮すれば、16分乱打も含めLv15の範疇。接続難度が高いだけであり、人によってはLv15強に感じられるだろう。
    • Lv16 HAPPY☆LUCKY☆YEAPPY(2014)
      • 曲の大半がBPM約190であるが、最終盤だけBPMが倍化するため、ハイスピードの設定が難しい。しかしX筐体以降でSUDDEN+を使用している場合、終盤に長めの←FAが存在するため、この間に余裕を持ってSUDDEN+を解除することが可能。またノートの配置自体もBPMが高いとは言え、16分の配置は基本的には正面交互で踏める短めの滝。Lv16上位相応だが、低速やSUDDEN+の扱いに慣れない場合はLv17にも感じられるだろう。
    • Lv16 MAX.(period)(2014)
      • 譜面は捻り要素が無いに等しいが、連続同時踏みと8分踏みが続く。中盤のBPM180地帯の譜面はPARANOiA[SP-EXP]と同じで、この部分は全く音と関係が無い譜面なので目押し推奨。そしてラストにはBPM600の4分125連と凄まじい発狂が待ち構えている。Lv16にしてはラストの発狂が長いが、その捻り無しの発狂はLv17にしては弱い。譜面の見切り力(特に高速譜面の見切り)によって個人差が出やすい譜面であり、人によってはLv17に感じるかもしれない。
    • Lv16 Love You More(A)
      • 序盤はLv16に匹敵するような配置もなく、踏みやすい16分が3連、5連と来る程度。曲が進むにつれて密度が上がり、最終盤には捻り16分や上下に遠い16分が待ち構えている。それでも全体的にLv16では弱めではあるが、2箇所ある16分3連の最後が同時という配置が接続難易度を上げている。これを考慮して接続面ではLv16の範疇か。
    • Lv16 Poochie(A)
      • 序盤から中盤にかけてのBPM110での24分や32分、再加速後の踏み方の認識が難しい16分や、一ヶ所交互に踏めない8分等全体的に認識難の傾向が強く特にスコア、接続の難易度が高い。
    • Lv16 True Blue(2014)
    • Lv16 Idola(2014)
    • Lv16 KHAMEN BREAK(2014)
      • いずれもノート数が600を超えており、ややリズム難。Lv16の冥[SP-EXP]よりは難しいと思われるが、SPのLv16では最弱クラスであり、SPLv15最上位譜面より明確に難しいかと言われれば疑問符が付く譜面。
      • なお、True Blueは今作より実装された段位認定の七段ボス。
    • Lv17 POSSESSION(X2)
      • ソフランがあるものの、譜面自体に嫌らしさはなく交互に踏める。相当な体力譜面で、同時踏みが延々続く部分などでいかに体力をセーブできるかで大きく体感難度が変わる。
      • 段位認定では八段ボス担当。直前までのPARANOIA survivor MAXを踏み切ったところでの挑戦となるためそこまでで疲労困憊状態だと踏破はかなり厳しい。
  • Lv17 Tohoku EVOLVED(X3)
    • 密度的には妥当だが、開幕を始めとした凶悪な初見殺しや後半のリズム難など、独特なパターンが随所にある。ライフ制で易化オプションも付けずに挑戦するほどの超上級者なら気にする余地はないだろうが、挑戦レベルだと得意不得意が分かれそう。

Lv18

  • 個人差
    • Lv18 MAX 360(A)
      • 譜面は単純ながらも、Lv18最多ノーツを更新する888ノーツがプレイヤーを襲う。特に終盤のBPM720フリーズを終えた後のBPM360での8分129連は同レベルでも例がない。ただ前述通り、前半にあるMAX 300(X-Special)[SP-CHA]地帯以外に目立った捻り配置は無く、Lv相応の体力、持久力を持っているプレイヤーには物量を考慮してもLv18では弱く感じるかもしれない。逆にLv18挑戦クラスでは体力面で苦戦は必至であるか。

CHALLENGE

Lv7〜Lv12

  • 詐称
    • Lv9 HYSTERIA 2001(MAX2)
      • 裏拍も含め、Lv9の割にリズムが難しくBPMも早い。Lv10が適正と思われる。
    • Lv10 AFRONOVA(FROM NONSTOP MEGAMIX)(MAX2)
      • 配置は簡単だが、BPMが早く全体的にかなりの体力を要する。Lv11が妥当か。
    • Lv10 smooooch・∀・(X2)
      • ムービーに登場するキャラの動きを再現する譜面であり、真横を向くことを前提としたビジステ、回転することを前提とした8分3連など、正面を向いたままでは交互踏みができない箇所が多い。同時押しとショックアローが交互にやってくる地帯などショックアローの配置も難しめであり、個人差を考慮しても最低でもLv11は欲しいところ。
    • Lv11 Waiting 4 u(X)
      • 銀パネルと大ジャンプ避けの使い分けが分かりにくい箇所が多いなど、全体的にショックアローが難解。個人差もあるが、Lv11としては詐称気味。
    • Lv12 DROP OUT(FROM NONSTOP MEGAMIX)(MAX2)
      • Lv13のDROP OUT[SP-EXP]の完全下位譜面。なのだが、DROP OUT[SP-EXP]の最難関地帯であるBPM260の8分61連をそのままBPM130の16分61連に変えただけの配置がラストに待ち受けている。いくら他の配置が簡易化されていようとも、この16分61連だけで十分にLv13はある。
    • Lv12 A(EXTREME)
      • BPM191での執拗な同時踏み絡みの8分、交互踏みできない8分滝、複雑な捻りを含む長い8分滝と技術面ではLv12としては規格外。前半の低速部分も同時踏みと16分が絡むため、見切れないと厳しく、Lv13中位クラス。
    • Lv12 Dreamin'(2014)
      • Lv12では明らかに不釣り合いな、捻り気味の16分乱打が散見される。16分のタイミングで始動する地団駄も多く、バランスを崩しやすい。また16分2連が連続する箇所が何度か登場するが、箇所によって16分2連を踏む間隔がまちまちであり、スコア面でも注意が必要。総じてLv13が妥当。
  • 逆詐称
    • Lv11 Raspberry♥Heart(English version)(SuperNOVA2)
      • 裏拍から入ることが多いが、メロディ+ボーカルに合わせた譜面なのでリズムは取りやすい。激より多少難しくなった程度で、高く見積もってもLv10程度。
  • 個人差
    • Lv7 only my railgun(X2)
      • サビは4分のステップの間に8分のショックアローが挟まるパターンが続く。慣れないとLv7としてはかなり忙しくなると思われるが、ショックアロー入門譜面としてはふさわしい。いわゆる「関西ステップ」ならショックアローをよけるのは比較的容易か。
    • Lv11 ECSTASY (midnight blue mix)(MAX2)
      • 譜面全体で16分が多用されている。密度は濃くないが変則譜面が苦手ならLv12程度に感じるであろう。
    • Lv12 One Sided Love(2014)
      • ショックアローと裏拍からの8分3連が延々と続く、これまであまりなかった傾向のショックアロー譜面。一度ショックアローに引っかかると一気にゲージが減少する恐れがある。とはいえショックアローは中央の銀パネルを右足で踏めばいいだけであり、そのことを意識すれば意外と踏みやすい譜面ではある。初見クリア難度こそ高いものの、配置に慣れるにつれクリア難度は徐々に下がっていくだろう。とはいえショックアローを避けながらのアフロ踏みも一部見られるため、接続難度は高め。総合的にはLv12強〜Lv13弱の個人差譜面。

Lv13〜Lv17

  • 詐称
    • Lv13 AFRONOVA(X-Special)(X)
      • 譜面がいきなり縦連4×4のセットで流れてくる。これによりフルコンも難しく、さらに原曲よりも物量、アフロ踏みも増えている。譜面のリズム自体は分かりやすいが、原曲よりどう考えても1レベル分は難しく、Lv14相当かと思われる。
      • X初出の際はLv14だったがX2にて現在の難易度に下方修正されている。
    • Lv13 Malacca(X)
      • 音合わせだが若干リズムを合わせづらい配置が続く。最大7連まである16分滝はどれも乱打配置。Lv14弱が妥当。
    • Lv14 Second Heaven(X2)
      • BPMは149とやや遅いものの、16分のビジステ・捻り乱打が頻発する。また逆足入りの16分捻り乱打も何カ所か登場するため、譜面の予習は必須。難易度的には16分捻り主体のLv15の恋閃繚乱[SP-CHA]と同程度。
    • Lv14 ACROSS WORLD(2013)
      • 序盤のsnow prism[SP-CHA]を彷彿とさせる同時縦連・中盤の16分25連トリルは完全にLv16の範疇であり、Lv14挑戦クラスはおろかLv15挑戦クラスでもまともに踏むのは難しい。サビがLv14相応の配置で、それら以外が極めて簡単な配置であることを考慮に入れても、Lv15中位、人によっては上位の譜面。
    • Lv15 THE REASON(2013)
      • 極端な低速譜面だが、同時が非常に多く複雑なうえ、所々32分も混じり、さらに停止により表拍の矢印色がずれてNOTEやRAINBOWだと譜面が見づらくなる。特に終盤の3連符地帯とその後の同時連打は適切なハイスピをかけても同レベルのUnreal[SP-EXP]より難しく、等速での難易度は当然はるかに上回る。ハイスピのかけ方や同時の得意不得意によって個人差は出るが、総合的には隅田川夏恋歌[SP-CHA]と同じくLv16が妥当であろう。
    • Lv16 REVOLUTIONARY ADDICT(X3)
      • 序盤からいきなりLv16相当の細かい16分刻みの乱打地帯があり、道中も同時踏みが細かく配置されているため終盤までに体力を温存しにくい構成となっている。そして終盤に入ると徐々に長くなる16分配置と、それに挟まる同時踏みが20秒以上休み無しに続き、体力が削られたプレイヤーを殺しにかかる。総じてLv16を逸脱した体力譜面であり、少なくとも17下位に匹敵すると思われる。
    • Lv17 ΔMAX(X2)
      • 激とは逆に、前半はたいした難易度ではなく中盤は激と同程度。後半以降に混ざってくる8分がBPMに対して辛口の捻りを要求する後半難。著しいBPM変化も相まって、Lv17適正クラスでもまともに踏むことが難しい譜面である。
    • Lv17 Air Heroes(2013)
      • Lv15〜18の難所を詰め合わせたような総合譜面。休憩地帯が無く、体力が減少する後半にLv18クラスの発狂を踏まされるため、クリア難度が極めて高い。BPMが175(8分換算で350)と遅めなことを考慮したとしても、下手なLv18弱より難しいと感じる者も多い以上、Lv18が妥当であろう。
  • 逆詐称
    • Lv14 革命(X-Special)(X)
      • 16分のリズムが非常に複雑だが、密度は低いためクリアは楽。クリア難度はLv12、繋ぎ難度はLv13、スコア難度はLv14といったところで、総合するとLv13上位程度か。
    • Lv15 PARANOiA KCET 〜clean mix〜(2nd)
      • 縦連・同時混じりの8分・16分乱打と難所は揃っているものの、いずれも配置が限定的。同曲の[DP-CHA]及びPARANOiA系列のX-Special譜面より難易度は高いと思われるが、それでもLv15には一歩及ばない譜面。
    • Lv16 on the bounce(X)
      • リズムは難解なので等速プレイヤーにとってはLv16でも違和感がない。ただHSをかければ見やすくなり、Lv16になるような発狂もない。16分滝も最大7連で、Lv16にしては密度が低い。Lv15程度。
    • Lv17 The legend of MAX(X-Special)(X)
      • 序盤にある連続4分同時押しを除けば、終盤の滝まではThe legend of MAX[SP-EXP]よりも簡単と感じる人も多い。終盤の捻り8分滝、逆足入りしないと交互に踏めない最後の配置など、接続難度自体は高め。しかし総合的に捉えれば、後半難のLv16上位譜面という評価に落ち着くだろう。
    • Lv17 Magnetic(2013)
      • BPM160の24分地団駄(実質BPM480の8分地団駄)が強烈で、ノート数も多いリズム難譜面。しかし16分の捻りはあるもののBPMは160とこのレベル帯では遅めで、発狂地帯が存在しない。また同じLv17のMAX 300(X-Special)のような踏みづらい配置も無く、全体的に交互に踏みやすい配置となっている。Lv16上位が妥当か。
  • 個人差
    • Lv13 bag(EXTREME)
      • EXTREME当時のEXPERT譜面を再現した譜面。とは言っても現在のEXPERT譜面と配置は「ほぼ」同じ。実は現在のEXPERT譜面はリズムが正しいものに修正された譜面なのである。つまりこのCHALLENGE譜面は曲とリズムが微妙に合っていない。純粋に「目押し力」が試される譜面と言える。
    • Lv13 The Island Song(2013)
      • BPM85と遅く、24分の縦2連や48分の3連(16分に換算するとBPM255相当)が存在するため、等速でのプレイはまず困難。リズムもほとんどが音合わせとは言え緑矢印が多いのでクリアはともかくかなりのスコア難。
    • Lv13 回レ!雪月花(2014)
      • [SP-EXP]に存在したサビのBPM160の8分回転滝が更に強化され、スキップしながら回転する非常に踏みにくい難所となっている。まともに回転するのは困難なため、ボックスやスイッチなどを上手く活用する必要があるだろう。他にも逆足入り、回転など交互難の要素が強く、苦手な人にはLv14程度に感じられる。どうしても上手く踏めない場合にはSHUFFLEオプションも有効か。
    • Lv14 JOKER(2013)
      • BPM160で「最後が右下同時押しの16分3連→8分で左上同時押し」のような踏みづらい配置を4回も踏ませ、合間に8分同時押し5連を踏ませるなど、コンボを切りやすい配置が序盤に登場する。後半は踏みやすくなり総合的にはLv14で妥当なのだが、接続難度はLv15〜Lv16弱クラスにまで跳ね上がる。
    • Lv14 Confession(2013)
      • サビからの縦連を含んだスキップがリズム面で踏み辛く、終盤のそれはさらに捻りや回転も含むため14としては難しい配置。それ以外にも階段配置を含んだ16分13連など局所的に難しい配置が存在する。体力面も考慮するとLv14上位に収まっているが配置に慣れないうちはLv15に感じられるか。
    • Lv14 ちくわパフェだよ☆CKP(2013)
      • Plan 8[SP-EXP]のような、高BPMかつ適正よりも弱めの配置で物量を踏むタイプの譜面。曲について行ける体力があれば13強クラスに感じるが、所々現れる16分3、5連もあり接続難度は妥当か。
    • Lv15 Horatio(X)
      • [SP-EXP]の地団駄の合間にショックアローを追加した譜面。地団駄の量自体は減少しているのだが、なまじ地団駄の合間にショックアローが挟まっているため地団駄が踏みにくくLv16相当と感じる人も多い。
    • Lv15 Beautiful Dream(2013)
      • やや踏みづらい8分の合間にBPM182の16分乱打が混じる譜面。中でも中盤の三点トリルからの16分ビジステは確実にLv16相応の配置。†渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†[SP-EXP]と同様に「Lv13程度の8分の合間に、Lv16相応の16分乱打が混じる譜面」であり、考えようによってはこの曲もLv16に匹敵すると言えるかもしれない。
    • Lv15 Condor(2013)
      • リズム難・片足高速の16分など、譜面だけを見るならばLv15を逸脱した配置。しかしBPMが142と遅く曲も短いため、見た目以上に踏みやすい。個人差はあるが、Lv15上位の範疇であろう。
    • Lv16 PARANOIA survivor MAX(EXTREME)
      • 非常に複雑な捻り配置を含む長い滝が後半にある。物量も凄まじく、捻りが苦手だとLv16の中でもずば抜けて難しく感じられる。EXTREME当時は全曲中最難譜面と呼ばれていた。
      • 段位認定では八段3曲目。この後にPOSSESSION(EXP)が控えているため突破の際はこの曲で如何に捻りによる体力消費を抑えられるかがカギを握る。
    • Lv16 MAX 300 (Super-Max-Me Mix)(SuperNOVA)
      • 圧倒的物量を誇り、前半に大量のジャンプ、後半に延々と続く8分滝がある体力譜面。適切なスタミナ配分ができないとLv16の中でもずば抜けて難しく感じられる。
    • Lv16 Monkey Business(2013)
      • 譜面自体は全体を通してLv15でもさほど強くはない部類。しかしリズム難かつソフランで低速が非常に詰まっていて、かつLv16でも屈指のノート数を誇る為、EXTRAのライフ制では非常に驚異的。EXTRAのライフ制なら強いが、ゲージ制になればLv16適正なら苦労はしないレベルか。
      • 段位認定では八段1曲目。八段全体では2番目にステップ数が多いが後半が高速BPMゆえに見切る力も要されるとなるとこの譜面で体力を使うのは避けたいところ。
    • Lv16 Another Phase(2013)
      • 16分6連の最後がショックアローになっている部分が多く、非常に避けづらい。銀パネルで避けることを想定しているのだろうが、避け方への慣れだけでなく筐体のセンサーの感度によっても難易度が上下する。
    • Lv16 ラクガキスト(2014)
      • 序盤と終盤のサビ部分ではHoratio[SP-EXP]やEngraved Mark[SP-EXP]よりも速い地団駄が猛威を振るうが、序盤で大きくゲージを減らしても中盤はLv13〜14程度の密度と配置のため2回目のサビまでには十分回復できる。2回目のサビをどれだけ耐えられるかとそこまでにどれだけ体力を温存できるかが肝要で、体力譜面の得手不得手によりLv16の中でどの位置づけになるかが変わってくる。総ノーツ数は710と、SP Lv16での最多ノーツを更新している。
    • Lv16 打打打打打打打打打打(A)
      • 大方の予想を遥かに超えた超縦連譜面。最大19連にも及ぶ156BPMの12分縦連は正に個人差爆発といったところか。縦連にも目がいきがちだが、16分滝からの8分同時もコンボを切りやすい配置となっている。クリア難度はLv16でも下位と思われるが、接続及びスコア難度はそれこそ本当に個人差。
    • Lv16 ナイト・オブ・ナイツ(A)
      • ノート数712とSTREAM値144を誇り、明確な休憩と言える地帯もほとんど無い超体力譜面。中盤までは15相当の配置が大半を占めるが、終盤から難易度が上がり、最後はLv17に匹敵するほどの物量で攻めてくる。省エネ踏みなどで終盤までに体力を維持できればLv16で妥当だが、逆に体力が持たない場合はLv16の中でも厳しいものになる。
    • Lv16 輪廻転生(A)
      • Lv16どころかLv17以下で最多となる794ノーツを踏ませてくる超物量譜面。曲の長さによって密度が控えめになっているのは初音ミクの消失と同様だが、こちらは200近いBPMでの16分をきっちり踏ませてくるので体力的な厳しさではこちらが上。さらに要所要所に登場する長い8分縦連が厄介。とはいえ配置的な面では16分の捻りが登場しない地団駄メインのものになっているため、縦連地団駄が得意なら16の中では楽な方になるか、といったところ。
    • Lv16 Ishtar(A)
      • Lv16における2つ目のSA譜面であるが、配置自体はそこまで暴力的ではなくBPMも速くはないため譜面としてはLv15強程度。ただ中盤の16分からのSAが接続難で1回引っかかってしまうと続けてミスしてしまうためここだけでライフ落ちすることも。接続、スコア共にSAの耐性によって大きく変化する譜面といえよう。
    • Lv17 SABER WING (Akira Ishihara Headshot mix)(X)
      • 中盤の発狂地帯やラスト以外はLv15の[SP-EXP]と大差ないが、その中盤の捻りは強烈。捻りが得意ならLv16程度だが、苦手ならLv17でもかなりの難譜面となる。

Lv18

  • 個人差
    • Healing-D-Vision(SuperNOVA)
      • 全ては最後のBPM360の8分捻り滝に集約される譜面。終盤までが簡単な配置であり、最後も適度にノートを捨てれば普通に生き残ることができるので、クリア難度・AAランク獲得難度で判断するならば逆詐称。接続難度で判断すればLv18に相応しい高難易度。
    • NGO(SuperNOVA2)
      • 同時絡みの高速での8分連打が多くゲージが削られやすいが、回復できる箇所もそれなりにある。同時が得意なプレイヤーならLv17相当か。ただしコンボが非常に繋ぎにくく、ライフ制であるEXTRAなら他のLv18と比べても遜色ない。
  • Lv18上位譜面
    • PARANOiA 〜HADES〜(SuperNOVA2)
      • 譜面は捻り・同時・縦連等の体力殺しが満載。譜面の見た目よりも遥かに忙しく、全曲中屈指の体力消費量を誇る。低速の見切りも必須。
    • Pluto Relinquish(SuperNOVA2)
      • 通称「紫芋プリン」、地団駄→乱打配置、高速地帯の捻り増加、低速地帯の密度増加などといった要素からSP-EXP譜面を踏み辛くした譜面。SP-EXP譜面同様ラスト勝負であり、8分滝17連→21連→53連なのは変わらないが、捻りが加わったことでとても見切り辛く、踏み辛くなっている。
    • POSSESSION(X2)
      • SP-EXP譜面の左右だけ入れ替えた譜面をベースに、全体的に強化が施されている。序盤の4分踏みが交互難化、低速地帯の16分踏みが地団駄→乱打、8分3連にFAが混ざり見辛くなる等あるが、やはり終盤の強化箇所が凶悪。
    • Tohoku EVOLVED(X3)
      • "HERE WE GO"の掛け声と重なるためわかりにくいが、実は開幕に「with you」の音声があり、1歩目はこのyouと同じタイミングになっている。SP-EXP譜面とリズムはあまり変わらないが、捻りがかなり増えている。捻り耐性がないとLv18でも強く感じるだろう。
    • Triple Journey -TAG EDITION-(2013)
      • 序盤から密度が高い16分乱打が流れてくる。16分3連と16分5連が混ざっているためリズムに注意。中盤は序盤の16分踏み譜面を強化したような配置が流れてくる。大部分は乱打だが部分的に捻りや同時絡みも混ざり忙しい。ラスト付近に16分63連があり、ここが勝負どころ。
  • Lv18最難関候補
    • TRIP MACHINE EVOLUTION(X3)
      • SP Lv18最難関候補。無音の状態からいきなり最初の矢印が出てくる。同時踏みと16分ビジステップの応酬や16分踏みの「同時→単」などかなり乱暴な配置が多く、New Decadeを厳しくしたような譜面。連続停止前のラッシュが8分連続同時→16分乱打の繰り返しで非常に忙しく、連続停止以降の16分踏みに「←(FA)+↓」⇒「↑」や「」「↑(FA)+→」⇒「←」と遠いスライドが必要な理不尽配置もある。踏まずに捨てるのが無難。
    • IX(2014)
      • 密集乱打、捻り乱打、同時押し、超高速地団駄(BPM396の12分=BPM594の8分)、体力、あらゆる要素がLv18難関相当の強さで織り込まれており、難所がとにかく多い。譜面傾向は違うが全体的な強さはTRIP MACHINE EVOLUTION [SP-CHA]と並ぶSP Lv18最難関候補。
    • MAX.(period)(2014)
      • 序盤は海神[SP-EXP]のようなフリーズによる視覚難などがあるが、問題は再加速後であり、逆足入りの捻り乱打、縦連混じりの8分5連などが強烈。BPM600に加速後のラストには6分だけでの地団駄→上下移動の激しい乱打という強烈なラス殺しがある。クリア難易度でもかなり強めだが、スコアでは前述のラス殺しやHSの制限もありLv19に匹敵することも。

Lv19

  • 難関譜面
    • Valkyrie dimension(X2)
      • 最大の難所は序盤に登場するBPM480の8分65連。踏みやすいのだがとんでもなく速い。それ以外にも厄介なソフラン・停止、後半は捻りだらけの16分、ラストの発狂は1つだけ←↓の同時が混じっていたりと殺意に満ちた配置。KAC2012でこの曲が選曲された際、一部の出場者でさえ落ちてしまうほどであった。
    • PARANOiA Revolution(X3)
      • 全体的に縦連・捻り・FA拘束ととにかく体力を奪う譜面。さらに低速前と後半のBPM360の16分3連という配置。ラストは縦連→BPM360の16分5連という強烈なラス殺し。
    • EGOISM 440(2014)
      • Elemental Creation[SP-CHA]に次ぐ811ノーツを誇る超物量譜面。捻りはほぼないが、BPM440で高速乱打が常時襲いかかる。終盤にはBPM440の16分3連が存在する。
  • 最難関候補
    • Lv19 ENDYMION(A)
      • SPでは5曲目のLv19。同曲の[SP-EXP]を更に強化した譜面で、全曲中最多である925ノーツという猛烈な物量と複雑な捻り配置を併せ持ち、終盤にはBPM440の12分5連(BPM330の16分と同じ速さ)混じりの6分捻り滝+8分65連+8分混じりの4分同時ラッシュという凄まじい配置が存在するなど、他のLv19の楽曲とは比較にならない規格外の難易度を誇る。

Last-modified: 2019-04-25 (木) 16:16:08
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)