SOUND VOLTEX VIVID WAVE

新曲雑記(EXIT・DWANGO・東方アレンジ他)

  • ボーカルに歌声合成技術「VOCALOID」の応用ソフトを使用したものが多いため、使用しているものには曲名の右にタグを付けています。
    (※使用音源の名称は一部を除いてゲーム中には表記されていないため、推測などを含みます)
    • 】 - 「初音ミク」を使用しているもの (発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
    • 】 - 「鏡音リン」もしくは「鏡音レン」を使用しているもの(発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
    • 】 - 「巡音ルカ」を使用しているもの (発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
    • Me】 - 「MEIKO」を使用しているもの(発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
    • K】 - 「KAITO」を使用しているもの(発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
    • G】 - 「Megpoid(メグッポイド)」(キャラクター名:GUMI)を使用しているもの(発売元:株式会社インターネット)
    • 】 - 「がくっぽいど」(キャラクター名:神威がくぽ)を使用しているもの(発売元:株式会社インターネット)
    • I】- 「IA -ARIA ON THE PLANETES-」を使用しているもの(発売元:1st PLACE)
    • Ma】 - 「VOCALOID3 Library MAYU」を使用しているもの(発売元:エグジットチューンズ株式会社)
    • Z】 - 「VOCALOID3 Library ZOLA PROJECT」を使用しているもの(発売元:株式会社ヤマハミュージックジャパン)
    • 以上に挙げたもの以外の合成音声使用曲(使用された曲が1曲のみのもの)は別途タグを付けリンクを付加しています。
    • 【?】 - その他、音源未確定だが、合成音声が使われていると思われる曲

  • ニコニコ大百科もしくはWikipediaに解説記事があるアーティスト(個人・団体)は詳細情報として名前からリンクを張っています。
    • 大百科に項目があるアーティストについてはBEMANI関連の情報のみ記載し、項目のないアーティストのみ補足解説しています。
  • 作曲者等については全て敬称略。
  • 本ページ掲載の楽曲はすべて版権曲扱いであるためか、e-amusementアプリの「SOUND VOLTEXプレーデータ機能」で全曲ともジャケットが表示されない。

EXIT TUNES版権曲

EXIT TUNES楽曲に関してはジャンルが「EXIT TUNES」だけでなくほとんどが「ボーカロイド」からも選ぶことができる(歌い手歌唱曲やインスト曲を除く)
2019/02/28配信(稼動初期)

  • 怪盗Fの台本〜消えたダイヤの謎〜 / ひとしずく×やま△ feat.松下、eclair、おさむらいさん、柿チョコ、コニー、しゅーず、che:櫻井、nero、びびあん、mao(bass)、ゆう十、リシェ
    • 公式MV:(2013/11/05公開):YouTube
    • 2016/02/17発売の松下 3rd Album「ご注文は松下のあとで」の9曲目より収録。
    • ジャケットは初回限定盤のものが採用されている。「きゅん×きゅんばっきゅん☆LOVE」との差別として限定盤の実写ジャケットが採用されている。そのため、「きゅん×きゅんばっきゅん☆LOVE」とジャンルが異なる。
      • 他機種ではpop'n music peace収録の「ホロウダンス」で限定盤ジャケットが使用されている。
  • GALAXY BURST / かめりあ
    • 公式XFD(2018/03/16公開):YouTube
    • 曲名の通りである2018/03/21発売のかめりあ Major 2nd Album『GALAXY BURST』からの楽曲。
  • 消失 (Hommarju Remix) / cosMo@暴走P
    • 「初音ミクの消失」(SDVXではIIIで「消失」として収録)のHommarjuによるRemix。
    • 初出は2010/04/07発売の『EXIT TUNES PRESENTS SUPER PRODUCERS BEAT MIXED BY Ryu☆』。SDVXと同様に「初音ミク」の版権を避けるため、同アルバムには「ミクの消失 (Hommarju Remix)」というタイトルで収録されていた。
      • 今回はSDVXの「消失」とタイトルを合わせる形で表記を変更したものと思われる。
      • 同アルバムはリミキサーをリミックス名のみに載せてアーティスト欄に表示しない形式だったため、SDVXでもアーティストが原作曲者の「cosMo@暴走P」のみの表記となっている。
      • cosMo自身は本曲の譜面のエフェクトを担当している。
    • ジャケット制作者欄は非表示を表す「-」となっている。
  • ぼくらの16bit戦争 / sasakure.UK
    • 公式MV:(2010/10/16公開):YouTube / ニコニコ動画
    • 下記「*ハロー、プラネット。」と共に、sasakure.UKによる「終末」シリーズの1つで本曲はシリーズの時系列上で2曲目(投稿順では3曲目)にあたる。
    • 曲名の読みは「ぼくらのシックスティーンビットウォーズ」(歌詞およびニコニコ大百科より)
    • (仕様?)BEMANIでのカットは「相対(そうたい)と絶対の〜」の部分と「65535(ろくま〜)のテトラと〜」の部分が中途半端にカットされて組み合わさって「そうたん5535のテトラと〜」のようになっている。
      • pop'n収録時点でこのカットであり、仕様の可能性が高い。ただし、過去に「セツナトリップ」の不自然なカットが修正されたケースもあり、今後変更される可能性もある。
  • Revolution / lapix
    • 公式XFD(2018/03/16公開):YouTube
    • 2018/03/21発売のlapix Major 1st Album『L』からの楽曲。

POPS・アニメ版権曲

2019/02/28配信(稼動初期)

  • TVアニメ版権曲がSDVXに収録されるのは今回が初*1
  • 筐体上では曲名の右に「/アニメ「〇〇」より」の表記があるが、下記では省略する。
  • いずれもジャケット制作者欄は非表示を表す「-」となっている。
  • RPG / SEKAI NO OWARI
    • 公式MV(2013/04/22公開):YouTube
    • SEKAI NO OWARIの4th Singleでジャケットは通常版のものを使用している。
    • アニメ映画「クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」主題歌
    • 既にjubeat saucer(2019/04/22をもって削除)、REFLEC BEAT colette -Summer-(VOLZZA 2で削除済)、BeatStream アニムトライヴ(稼働終了)に収録されていた。
    • ちなみにSEKAI NO OWARIのボーカルFukaseと当楽曲譜面担当のPHQUASEは「名字が同じ」「誕生日が同じ」「ともに音楽関連の仕事をしている」という共通点があるためかTwitterでフォローし合う関係にある。当楽曲の譜面制作をPHQUASEが担当したのもおそらくこの共通点によるもの。
    • 似た曲名でBOOTH収録の「RPGシンドローム」との間違いに注意。
  • only my railgun / fripSide
    • fripSide第2期 1st Single。
      • 第2期になってからこれまでのシングル、アルバム、DVDの枚数はリセットされている。
      • ボーカルに南條愛乃を起用してから初めてのシングルとなる*2。つまり、再メジャーデビューである。
    • TVアニメ「とある科学の超電磁砲」第1期OP1(超電磁砲はレールガンと読む)
      • DVD版では第1話から。TV版、ネット配信版の第1話ではエンディングテーマとして使用された。
    • 曲構成はTVアニメサイズ版と異なる。
    • BEMANIに原曲で収録されるのはDance Dance Revolution X2、jubeat knitに続き3機種目になる。
      • 原曲収録の他社機種(どちらもセガ)はmaimai FiNALEとオンゲキPLUS*3。オンゲキの方は他の機種より演奏時間が長い。
        なおセガの2機種ではクレジット表記が「©鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN S」と続編「とある科学の超電磁砲S」のものになっている(SDVXは「とある科学の超電磁砲」のものである「©鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN」となっている)。
      • カバー音源での収録はpop'n music 19 TUNE STREET(ボーカルはMAI)とGROOVE COASTER(タイトー)、そして太鼓の達人 グリーンVer.(バンナム)にも2019/03/14より収録。
        GITADORAにはキャプテンパンク(PON)によるギタドロックver.が収録されていたが削除済。
  • ガブリールドロップキック / ガヴリール(CV:富田美憂)、ヴィーネ(CV:大西沙織)、サターニャ(CV:大空直美)、ラフィエル(CV:花澤香菜)
    • 公式MV(2017/02/17公開):YouTube (ショートサイズ版)
    • TVアニメ「ガヴリールドロップアウト」OP
    • 作詞・作曲・編曲はヒャダインこと前山田健一。
    • 既にjubeat clanに収録済。
      他社の音楽ゲームでは2018/04/17よりmaimai MiLK(セガ)(日本版のみ)、2018/07/05よりCHUNITHM STAR PLUS(セガ)にも収録された。ただし、CHUNITHMの方は他の機種より演奏時間が長い。
  • シュガーソングとビターステップ / UNISON SQUARE GARDEN
    • 公式MV(2015/05/15公開):YouTube (ショートサイズ版)
    • UNISON SQUARE GARDENの10th Singleでジャケットは通常版のものを使用している。
    • テレビアニメ『血界戦線』ED
    • 原曲はjubeat prop、REFLEC BEAT VOLZZA(悠久のリフレシアでもリメイク済だが、2018/09/12に削除)、BeatStream アニムトライヴ(サービス終了済)、DANCERUSH STARDOMに収録。
      このほか、カバー版がGITADORA Tri-Boost Re:EVOLVE、pop'n music peace(pop'n music éclaleでの収録時は原曲音源だったが、peace稼働中の2018/11/27にGITADORA同様のカバー音源に変更)に、ピアノアレンジ版がノスタルジアにて収録済。
    • [NOVICE]Lv1と設定されるのはIII収録の「メランコリック」[NOVICE](2015/12/04)以来2作ぶり・約3年3ヶ月ぶりとなる。
      • この曲以前にIII収録の「グレイスちゃんの超〜絶!!グラビティ講座w」[GRAVITY](2016/04/01)とIV収録の「マキシマ先生の満開!!ヘヴンリー講座♥」[HEAVENLY](2018/04/01)が期間限定で登場していた。もちろん期間限定収録であるため、2曲ともノーカウント。
      • さらにLv1の楽曲は初代稼働初期から今作に至るまで全てのタイトルで唯一e-amusement passを使用せずに全ての譜面がインプット無しでプレーできる。
  • Paradisus-Paradoxum / MYTH & ROID
    • 公式MV(2016/09/14公開):YouTube
    • MYTH & ROID(ミス・アンド・ロイド)の4th Single。
    • TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』後期OP。
    • MYTH & ROIDはTom-H@ck(II -infinite infection-で「8 -eight-」が収録)とボーカリストのMayuによるユニット。
    • 曲名の読みは「パラディスス・パラドクスム」。ラテン語で「逆説の楽園」を意味する。
      • 太鼓の達人のみカバーでそれ以外の機種は原曲となっている。
    • ボーカルのMayuは2017/11/06をもって同ユニットを卒業した。
    • BEMANIではかつてREFLEC BEAT 悠久のリフレシアに収録されていたが、稼働中に削除。現在は再び本機種のみ収録となる。
    • 他社の音楽ゲームでは太鼓の達人 イエローVer.(バンナム)、maimai MURASAKi PLUS(セガ)、CHUNITHM STAR(セガ)に収録されている。ただし、太鼓の達人のみカバーである。また、CHUNITHMの方は他の機種より演奏時間が長い。
  • ハレ晴レユカイ / 涼宮ハルヒ(CV.平野綾)、長門有希(CV.茅原実里)、朝比奈みくる(CV.後藤邑子)
    • TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」第1期ED。楽曲自体はBEMANI初収録となる。
      • 他社の音楽ゲームではGROOVE COASTER(タイトー)、ミュージックガンガン!初代(タイトー)、CHUNITHM(セガ)に収録。また、ナムコ(現:バンダイナムコアミューズメント)の太鼓の達人9以降に収録されていたが、2013/10/22のソライロVer.稼働途中に削除された。ちなみに太鼓のみTVサイズ(1分)での収録だったため、他の機種より曲が非常に短かった。本機種とGROOVE COASTERでは1分半とテレビアニメの標準的な長さの収録となっているが、これでもフルサイズ版のカット編集である。
      • 同作からの楽曲が原曲で収録されるのはかつてDDR X2、REFLEC BEATに収録されていた「Super Driver」に次いで2曲目(いずれも2014・VOLZZAにて削除)
        GITADORAには「God knows...」のギタドロック版が収録されていた。また、他社ではGROOVE COASTER(タイトー)に「God knows...」のカバー版、オンゲキ(セガ)に「God knows...」の原曲が収録。
      • 譜面担当のcosMo@暴走Pの「暴走P」の由来ならびに楽曲「(初音ミクの)暴走」「(初音ミクの)消失」の由来となる作品でもある。このためか譜面制作名義が「cosMo@暴走Pの消失」という作品名に即したものになっている。
    • 平野綾歌唱曲がSDVXに収録されるのは「もってけ!セーラーふく」(泉こなた名義)との同時収録になる。
  • POP TEAM EPIC / 上坂すみれ
    • 公式MV(2018/01/13公開):YouTube (ショートサイズ版)
    • 上坂すみれの9th Singleでジャケットは期間限定アニメ盤のものを使用している。
    • TVアニメ『ポプテピピック』OP。(ただし、第1話のみOPがフェイクアニメ『星色ガールドロップ』になっているため使われず第2話以降より使用)
      • 楽曲名は「ポプテピピック」の英語表記と同一だが、楽曲の読みは「ポップ・チーム・エピック」となっている。
      • ちなみに「ポプテピピック」原作者の大川ぶくぶはjubeat clanの「10周年記念EMBLEM-キャラクター編-」に参加している。
    • キングレコードを版権元とする楽曲は本機種初となる。
    • 上坂すみれは2011年デビューの女性声優。声優活動以前にもジュニアタレントなどとして活動していた経歴を持つ。
    • BEMANIシリーズでは既にDANCERUSH STARDOM、jubeat festo、pop'n music peaceにいずれも原曲で収録済。ロケテスト段階の新機種「彩響DJ アニクラゲ」にはリミックス版が収録予定。
      • 他社ゲームでは太鼓の達人 ブルーVer.(バンダイナムコ)、maimai MiLK PLUS(セガ/日本版のみ)、CHUNITHM AMAZON(セガ)に収録されている。ただし、CHUNITHMの方は他の機種より演奏時間が長い。
      • ゲーム中のジャケットは本機種含めどの機種も期間限定アニメ盤(ポプ子のどアップ)が採用されている。ただし、太鼓の宣伝POPのみ原曲であることを強調するためか、初回限定盤のものが採用されている。
  • もってけ!セーラーふく / 泉こなた(CV.平野 綾)、柊かがみ(CV.加藤 英美里)、柊つかさ(CV.福原 香織)、高良みゆき(CV.遠藤 綾)
    • テレビアニメ『らき☆すた』OP
    • BEMANIではかつてjubeat Qubellに収録されていたが、festoで2019/02/25をもって削除。他機種の削除から当機種の配信までわずか3日間の未使用期間となる。
    • 他社の音楽ゲームではタイトーの「ミュージックガンガン!」、ナムコ(現:バンダイナムコアミューズメント)の太鼓の達人10以降に収録されていたが、2013/10/22のソライロVer.稼働途中に削除された。
    • 楽曲のボーカルを務めている「泉こなた」こと平野綾歌唱曲は本機種で「ハレ晴レユカイ」も存在する。
  • ようこそジャパリパークへ / どうぶつビスケッツ×PPP
    • 公式MV(2017/02/08公開):YouTube (ショートサイズ版) / ニコニコ動画
    • どうぶつビスケッツ×PPPの1st Singleでジャケットは初回限定盤(アニメ)のものを使用している。
      • 他社だが、GROOVE COASTERのみ通常盤(声優実写)のものを使用している。
    • TVアニメ『けものフレンズ』第1期OP。
    • 作詞・作曲・編曲はシンガーソングライターの大石昌良。
    • BEMANIでは既にjubeat clan、ノスタルジア ƒORTE、GITADORA Matixx、pop'n music うさぎと猫と少年の夢にも収録。
      • 他社の音楽ゲームでは太鼓の達人 イエローver.(バンナム)*4、GROOVE COASTER 3EX(タイトー)、CHUNITHM STAR(セガ)、maimai MiLK(セガ)、オンゲキ(セガ)にも収録。ただし、CHUNITHMとオンゲキは他の機種より演奏時間が長い。

2019/04/11配信

  • 君の知らない物語 / supercell
    • 公式MV(2015/08/12公開):YouTube
    • TVアニメ「化物語」(物語シリーズ第1弾)ED
    • BEMANIではGuitarFreaksXG2 & DrumManiaXG2 Groove to Live、jubeat Qubell(削除済)にてカバー音源で収録。jubeat plusにはsupercell pack、REFLEC BEAT plusにはsupercell PACKとして原曲で収録。
    • supercellの楽曲が収録されるどころかAC版BEMANI初の原曲収録となる。
  • ヒトリゴト / ClariS
    • 公式MV(2017/04/07公開):YouTube (ショート版)
    • TVアニメ「エロマンガ先生」OP
    • ClariSの本人演奏による収録はREFLEC BEAT groovin'!!の「カラフル」(削除済)以来となる。

東方Projectアレンジ樂曲

●曲名の下に「原曲」(ZUN作曲)、「原曲」(ZUN以外の作曲)で色を分けている。
●また、今作でSDVXシリーズに初登場の原曲は太文字記載。

2019/02/28配信(稼動初期)

  • これらの12曲は2018/05/06開催「第十五回 博麗神社例大祭」で頒布のサークル新譜を含め、前作IVで行われていた「SDVX×東方 REITAISAI 15th」のキャンペーンで収録されていたCDにゲームサイズで収録されている。
    今後収録となっていたが、実に約10ヶ月のブランクを経て収録に至った。
  • リミックス楽曲コンテストを除いた場合、IV収録の「Two of us」「Dreaming feat.nomico」(2018/05/17)以来約9ヶ月ぶりとなる。

※意図的に上からされるトラック番号順にしている。

  • クレイジークレイジーダンサーズ / ビートまりお+あまね (COOL&CREATE)
    クレイジーバックダンサーズ
    • フル版においては歌詞の中に同サークルのアレンジ曲「Help me, ERINNNNNN!!」や「のぼれ八坂坂!」「ズンサン-O.T.Z.Y.-」などのネタが混じっている。
    • 本作が稼働する6日前にmaimai FiNALE(セガ)に収録を先越された。
  • 零次元エクスプレス / SOUND HOLIC feat. Nana Takahashi
    魔法少女十字軍」(蓮台野夜行版)
    • 2013/12頒布の「秘-HIME-」を初出とするが、この時の例大祭で頒布された「NANA HOLIC II」に再録されている。
  • Colors / REDALiCE feat.野宮あゆみ
    東方妖々夢 〜 Ancient Temple
    • 他社ではタイトーのグルーヴコースターシリーズに初期から収録されている。
  • ARROW RAIN / Alstroemeria Records feat. ayame
    亡き王女の為のセプテット
  • 真夏の蜜と唇 fm.希望の星は青霄(せいしょう)に昇る / ARM (IOSYS) feat. yukina (TUMENECO)
    希望の星は青霄に昇る
    • yukinaの所属サークルであるTUMENECOは秘封倶楽部のアレンジ曲に特化しているのが特徴。
  • 迷夢ソウル / 夕月椿 (EastNewSound)
    東方妖々夢 〜 Ancient Temple
    • 夕月椿が歌唱した楽曲がSDVXに収録されるのはこれが初となる。(本人告知) / (参照)
  • Princess Lily / 溝口ゆうま feat. 大瀬良あい
    ポイズンボディ 〜 Forsaken Doll
    • ジャケットは元セブンスヘブンMAXIONのMAKIによる描きおろし。
    • 同時登場した表題曲が収録されているAmateras Records「Addicted Moon」に収録。
  • 抜刀 / 大樹
    恋色マスタースパーク
    • 公式XFD(2018/04/23公開):YouTube
    • 曲名の読みは「ばっとう」。
  • Together Going my way / DiGiTAL WiNG with 空音
    ネイティブフェイス
    • 2017/12頒布の「RAVER’S NEST 8 TOHO RAVE PARTY」に収録されたGoing my wayのユーロビート版。
  • Addicted Moon / Amateras Records feat. 築山さえ
    狂気の瞳 〜 Invisible Full Moon
    • [全難易度]ジャケットで女性キャラの目が異なる。
  • Colorless feat.ももかみ / SPACELECTRO
    亡き王女の為のセプテット
  • 全力ハッピーライフ / 森羅万象
    狂気の瞳 〜 Invisible Full Moon
    • 公式MV(2018/05/20公開):YouTube / ニコニコ
    • ボーカルは歌い手の1人であるあやぽんず*。
    • 森羅万象は2017年末で解散となったLiz Triangleのkaztoraが設けた別サークル。2016年末にあやぽんず*、2017/05にあよをそれぞれメンバーに加えて、現在の形になっている。
    • 本作が稼働する2日前にjubeat festoに収録されており、僅かに先を越された。

同人版権曲

2019/02/28配信(稼動初期)

  • Enjoy This Time / DJ Noriken feat. yukacco
    • DJ Norikenの楽曲がSDVXへ収録されるのは、BOOTHのFLOOR採用曲「SEED(DJ Noriken Remix)」以来となる。
    • 出展は氏の2枚目のフルアルバム「#From_Ten_Wonderland」のリードトラックより。
      • 頒布から既に5年目に突入するのと声ネタの都合上、収録にあたって大幅に作り直しているとのこと。(参照)
      • 余談だが、同曲セルフアレンジとして(Hard Psy VIP)、リミックスとしてDJ Shimamuraが参加したトラックもある。
  • Jack-the-Ripper◆ / sasakure.UK
    • 出展はBMSイベント「THE BMS OF FIGHTERS 2009(BOF2009)」より。氏のアルバムである「MetroJackz」にはロングバージョンも収録されている。
    • 複数あるBPM変化と変拍子が特徴的だったが、本作でも脅威はいかんなく発揮され一部難易度のCHAIN数で記録となる物量に達している。
    • BPM推移:210-105-210-228-240-105-210
      • [EXHAUST]総CHAIN数は3010 CHAIN。[EXHAUST]の時点で3000 CHAINを超えるのはこれが初。
      • [MAXIMUM]総CHAIN数は3488 CHAINとそれまで最多を誇っていた「怒槌[MAXIMUM]」の3473 CHAINを上回る。
  • Record one's Dream / uma vs. モリモリあつし
    • 出典は前作IVでも収録された「Re:End of a Dream」の同名アルバムのリードトラックより。
    • 同人作出展ではCDジャケットがそのまま楽曲ジャケットとして使用することが大まか基本となっているが、本曲では異なり新規書き下ろしのジャケットとなっている。
      • 同アルバムからSDVX関連では「Pieces of a Dream」のロング版とBlackY vs. Yoohによるリミックスも収録されている。SDVXへの収録にあたって稼働日以前からゲームサイズ音源が、モリモリあつしのYouTubeチャンネルから公開されていたため、予習が事前に可能であった。

*1 TVアニメのための書き下ろし以外でアニメで使用された楽曲がSDVXに収録された例としては他に『ミカグラ学園組曲』で使用された「放課後ストライド」と「我楽多イノセンス」が存在する(ただし、アニメの方で使用されたのはSDVX収録のVOCALOID版でなく、かつてBeatStreamに収録されていた声優歌唱版)。そちらはいずれもEXIT TUNESカテゴリ
*2 余談だが、前世代(ボーカルnao時代)の曲のうち「Red -reduction division-」はfripSide 15周年カバーアルバム「crossroads」収録バージョン(ボーカルは現在の南條愛乃)でオンゲキに収録されている
*3 余談だが、CHUNITHMでは初代においてカバー音源で収録されていたが削除済。また、オンゲキへの収録は本機種稼働開始の1週間前
*4 ただし、太鼓の達人では日本版のみでアジア版では未収録

Last-modified: 2019-04-23 (火) 02:35:48
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)